議員会館の悪しき慣習…「胡蝶蘭」の“大量廃棄の現場” | FRIDAYデジタル

議員会館の悪しき慣習…「胡蝶蘭」の“大量廃棄の現場”

これはあまりにももったいない! 新政権誕生 就任祝い 甘利明「元」幹事長の「使い回し」は まだマシだった

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

胡蝶蘭(こちょうらん)の花は通常ならば1~3ヵ月間も咲き続けるという。捨てるのはもったいない、そんな意識は永田町の住人には皆無なのだろうか?

永田町関係者が撮影した議員会館内にあるゴミ捨て場。左側にゴミ箱が並び、右奥が段ボールや新聞紙を捨てるスペースだが、10月中旬は胡蝶蘭で埋め尽くされていた

上写真は10月中旬に東京・永田町にある衆議院議員会館のゴミ捨て場を、関係者が撮影したものだ。高価な胡蝶蘭がズラリと並んでいる。しかも多くがビニールカバーで包装されたまま。これらは一時的に置かれているわけではない。ゴミ回収の業者によって廃棄され、翌日には綺麗さっぱり消えてしまう。

あるベテラン議員秘書が説明する。

「岸田文雄内閣発足に際して、自民党の役員や大臣・副大臣・政務官に就任した議員宛てに、各種団体や企業、後援者から議員会館にお祝いの胡蝶蘭が大量に届いたんです。受け取った各議員は、事務所に飾りきれない分は関係各所に配るのですが、それでも余るので、捨てるしかないんですよ……」

衆議院の第一議員会館および第二議員会館は12階建てで、各フロアの両端にゴミ捨て場が設置されている。10月中旬は多くのゴミ捨て場が胡蝶蘭で埋め尽くされたという。一つのフロアで約30~50鉢は置かれるというから、総数は200、300ではきかないだろう。

「それも1日だけではなく、毎回3日以上も続きます。議員事務所側も後ろめたいので、宛名が書かれた木札を外すことはもちろんですが、人目につかないようにゴミ回収の直前や週末の夕方に捨てていきます」(同前)

FRIDAYは先週号で甘利明「元」幹事長が自分に届いた胡蝶蘭を他の議員に贈っていた「使い回し」を報じた。だが、それはまだマシなほうだったのかもしれない。

胡蝶蘭は発芽から花が咲いて出荷するまで4年ほどかかる。価格は2万~3万円からで、最高級品なら10万円以上だ。

贈答用の洋蘭を販売している岡田蘭園代表取締役の岡田弘氏はこう悲しむ。

「廃棄の写真を見てびっくりしました。まだまだ飾れる新しい胡蝶蘭です。厚意で胡蝶蘭を送る側としては、たまったものではありません。蘭は生き物で、まして高価です。花を扱う者として我々も考えさせられました。受けとる側のことも考えて、胡蝶蘭に代わってカトレアのような豪華でコンパクトな花を贈るのも良いかと思います」

このままでは総選挙の後、同じことが起きるだろう。何か対策を講じるべきではないだろうか。だが、衆議院事務局広報課担当者はこう回答するのみだった。

「一般論としてゴミ分別室内の廃棄物は適切に分別し処理しております」

SDGsやサスティナブルをさかんに叫ぶ国会議員は、まず足元の問題を解決してほしい。

翌日までには専門業者によって、お祝いの胡蝶蘭はすべて廃棄されていた。贈り主は当然これを知らないだろう
甘利「元」幹事長は、第二議員会館の空き部屋に胡蝶蘭を置き、贈り主の名前を自分に替えた木札を付けて、使い回していた

「FRIDAY」2021年11月12日号より

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事