木下優樹菜 コラボ呼びかけ「ミスター低評価」TKO木下との違い | FRIDAYデジタル

木下優樹菜 コラボ呼びかけ「ミスター低評価」TKO木下との違い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
芸能活動再開をYouTubeで発表した木下優樹菜。動画には”BAD”の嵐だが…

「TKO」の木下隆行(以下、TKO木下)が自身の公式ユーチューブチャンネルを更新し、10月28日に初めてユーチューブで謝罪動画を公開した木下優樹菜(以下、木下)にコラボを呼び掛けた。

木下はいわゆる“タピオカ騒動”で判決が下り、原告に40万円の支払いが命じられた。それを機に涙の謝罪動画を出したのだが、310万回以上再生されているものの、10万弱の低評価となっている (2日時点)。

一方、TKO木下は過去に謝罪動画を出した際、48万の低評価となり、今のところTKO木下の方が圧倒的に厳しい評価のようだ。それどころかTKO木下はいまだにほぼ全ての動画が高評価より低評価が上回っているものの、気にすることなくユーチューブを続けている強靭なメンタルの持ち主だ。

どうやらTKO木下は木下にシンパシーを感じているようだ。

《衝動的なことやん。カッとなって、俺に似てんねん》

と“ペットボトル投げつけ事件”を彷彿とさせ、自分と同じタイプだと話した。さらに過去にパワハラ報道があったジャガー横田の夫である木下博勝医師などの名前を挙げ、当時“木下”に悪い流れがあったと回想。

その上で自分の謝罪動画が48万いったのを反面教師にしなかった木下を不思議がった。

《何で俺と同じ白いシャツ着て、同じ白い背景で。何でかぶせてきた?悪い波に乗ってきた》

と持論を展開。そして現在の木下の心境を“先輩”であるTKO木下はこう代弁している。

《朝起きたらBADの数字が日々伸びていることにゲー吐きそうになると思います。ちょっと後にネタにできるように、そしてコラボしよう》

と持ち掛けた。

「“ミスター低評価”と言われるTKO木下さんとのコラボを是非見てみたい人も多いでしょう。しかしTKO木下さんと優樹菜さんは実は全然違います。彼女はスポンサーもついていますし、一定のファンがいますのでインフルエンサーとしてバリバリ活動している。優樹菜さんが紹介する服や化粧品はすごく売れますからね。

TKO木下さんとコラボする旨みがほとんどないと思うので、恐らく実現しないのではないでしょうか…(笑)。今後も彼女の注目度に便乗してくるユーチューバーは増えてくるでしょうね」(スポーツ紙記者)

ユーチューブはインスタと違いアンチコメントが多い。木下のコメント欄もインスタではファンの応援コメントがほとんどだが、ユーチューブはアンチまみれだ。

TKO木下のユーチューブに低評価が多いのも、動画を見ずにルーティンワークのように低評価だけ押すユーザーが多いと思われる。

芸能活動再開を宣言した木下優樹菜。はたしてユーチューブでも“成功”することはできるのだろうか…。

  • PHOTO西 圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事