今日ついに渡米…「眞子さま」 皇族として生きた30年の記録 | FRIDAYデジタル

今日ついに渡米…「眞子さま」 皇族として生きた30年の記録

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

イギリス留学、婚約内定会見、最後の公務まで

婚約内定会見から4年――。紆余曲折を経て、眞子さん(30)は夫の小室圭さん(30)と「新たな人生」を歩み始めた。結婚にともない、皇籍を離脱。そして今日から、”普通の女性”として米ニューヨークで新婚生活を始める。眞子さんが皇族として生きた30年を秘蔵写真とともに振り返ろう。

’12年 英エディンバラ大学へ留学

’12年、交換留学先の英国エディンバラ大学へと出発する眞子さん。8ヵ月にわたり、主に美術史関係の科目を専攻した

眞子さんと小室さんとの出会いは’12年。交換留学説明会で近くの席に座ったことがきっかけだった。同年8月に英国エディンバラ大学へ留学する直前に二人は交際を開始した。’13年、小室さんがプロポーズし、’17年に二人は婚約内定会見を行った。

「眞子さまは自分が国民からどう見られているかを非常に気にされていました。結婚に反発する世間の声に傷つかれたこともあります。しかし、それ以上に結婚の意志は固かった。4年間の別離を乗り越えた眞子さまの強い覚悟を見てとり、秋篠宮さまや紀子さまは結婚を容認されたんです」(秋篠宮家関係者)

新天地のニューヨークで眞子さんはどのような生活を送るのか。

「米国には皇族や王室がなく、ロイヤルファミリーへの憧れが強い。歓迎されるでしょう。眞子さまが修士号を持つ博物館学は国際的に通用するレベルなので、学芸員の仕事もできると思います。講演依頼などでも引っ張りダコになるかもしれません。元女性皇族として、新しい生き方をこれから眞子さまがお作りになっていかれると思います」(皇室ジャーナリスト・渡邉みどり氏)

’14年 ICUを卒業

’14年3月26日、眞子さんはICU(国際基督教大学)を卒業し、成年皇族として公務に本格的に取り組まれることに

’15年 エルサルバドルへ公式訪問

’15年、初の単独海外公式訪問で中米のエルサルバドルを訪問。ご覧の和装姿で大統領へ挨拶をした

’16年 悠仁さまの運動会を見学

’16年、悠仁さまの運動会を紀子さまと見学。悠仁さまが一生懸命走る姿に声援と拍手を送った

’17年 ブータン国王夫妻を訪問

’17年、ブータン国王夫妻を公式訪問した際の眞子さん。民族衣装「キラ」を着用し、伝統の弓矢に挑戦した

’17年 婚約報道後も公務に励む

’17年、新春恒例の「歌会始の儀」に出席。小室さんとの婚約が報道された後も積極的に公務に参加

’17年 小室圭さんと笑顔の婚約内定会見

’17年9月3日に行われた小室圭さんとの婚約内定会見。眞子さんは「最初は(小室さんの)太陽のような笑顔に惹かれた」と笑顔で語った

’21年 皇族として最後の公務に臨む

’21年9月30日、最後の公務となる「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」にビデオメッセージを寄せ、挨拶した

’21年 最後の宮中祭祀に参加

’21年10月17日、眞子さんは皇居・賢所(かしこどころ)で最後の宮中祭祀(さいし)となる『神嘗祭賢所の儀』に佳子さまと出席した

’21年 結婚当日、佳子さまと別れの抱擁

’21年10月26日、眞子さんは秋篠宮ご夫妻、佳子さまに最後の挨拶をし、30年過ごした赤坂御用地をあとにした。別れ際に佳子さまと抱擁を交わし、国民の涙を誘った

『FRIDAY』2021年11月12日号より

  • 写真宮内庁、JMPA、時事通信社、共同通信社

Photo Gallery10

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事