「疑惑は残ったまま」で小室圭さんが眞子さんと公務をする未来 | FRIDAYデジタル

「疑惑は残ったまま」で小室圭さんが眞子さんと公務をする未来

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
眞子さんの夫として、紀子さまの父親である川嶋辰彦さんの葬儀にも参列した小室圭さん。母・佳代さんの疑惑にはいまだ「ゼロ回答」だが…

10月26日にご結婚された秋篠宮家の長女眞子さんと小室圭さん。しかし様々な疑惑や問題が何一つ解決せずまま、強行的に進められた感は否めない。

小室さんの母である佳代さんと元婚約者の金銭トラブルだけでなく、遺族年金の不正受給疑惑、傷病手当の不正受給疑惑など、報じられたものは多数ある。会見で小室さんは

「遺族年金の不正受給はない」

とだけ話したが、証拠のメールなども出てきている。否定するだけでは説明が不十分であるし、他の疑惑についてはいまだ言及していない。

「国民の納得も得られたとはいいがたく、皇室の慣習だった儀式も行わずにご結婚となったので、眞子さんは夫の小室さんと共に秋篠宮家とは絶縁するぐらいの覚悟で嫁がれたのだろうと思われていた。そして秋篠宮ご夫妻も同様に、しばらくは実家の敷居を跨がせないはずだと厳しい見方をされていました」(女性誌記者)

しかしフタを開けてみれば、結婚してからも眞子さんは赤坂御用地に戻ったり、小室さんと共に紀子さまの父で学習院大学名誉教授の川嶋辰彦さんのお見舞いに行ったりしていた。また、川嶋さんがお亡くなりになってからは、小室さんも連れて葬儀に出席した。

「小室家は今や立派な皇族の親戚ですよ。秋篠宮ご夫妻は、娘ですから眞子さんと別れることはおつらいでしょう。ましてやアメリカへ行くとなるとなかなか今後は会えない。

かといって結婚前は一種の不快感を露わにしていたにもかかわらず、結婚後は小室さんを完全に受け入れている。秋篠宮殿下は国民感情を考慮してあのような態度を取っていたと思われても仕方ないのでは」(皇室ジャーナリスト)

そもそも母親である紀子さまの父が危篤で緊急搬送されてから亡くなるまでずっとICU(集中治療室)に入っていたが、そんな中での結婚となった。万が一のことがあるかもしれないというのは想像できたはずだが……。そんななか、気になるのは小室さんの今後だ。

「弁護士になる目標をまず達成できなければ人生設計が大きく狂います。次回の2月の試験は合格率が4割となりさらに難しい。不合格ならビザの関係で帰国せざるを得ないかもしれません。

一方で皇族が減り続けることが問題視されている中、過去には結婚で皇籍を離脱した元皇族を“皇女”として公務を行う法案も検討されていた。そして眞子さんが小室さんを連れて歩いていることを見れば、今後“皇女の夫”として多方面で付き添う可能性があります」(前出・皇室ジャーナリスト)

眞子さんと共に小室さんも公務に顔を出す可能性があるならば、国民が憂慮していた小室家の疑惑は“うやむや”にするべきではないと思うのだが…。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事