未来の世界王者になる男・重岡銀次朗 小5で誓った「生涯不敗」 | FRIDAYデジタル

未来の世界王者になる男・重岡銀次朗 小5で誓った「生涯不敗」

まだまだ日本には怪物がいる!高校5冠、プロ6戦全勝5KO

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「『負けを肥(こ)やしに強くなった』と語る選手がいますが、理解できないですね。僕は常に『絶対に勝たなきゃいけない』という大きなプレッシャーと戦いながら、ここまでやって来ました」

鋭い眼光に気持ちの強さが表れている。爆発するようなパワーと冷静さを兼ね備えているのが銀次朗の強み

WBC世界5位、WBOで6位にランクされる重岡銀次朗(22)は「無敗」を自らに課してキャリアを駆け上ってきた。

世界タイトル挑戦に集中するため、2度防衛したWBOアジアパシフィックミニマム級タイトルを8月に返上。目下の戦績は6戦全勝5KOだ。銀次朗が所属するワタナベボクシングジム・渡辺均(ひとし)会長(71)は「間違いなく世界王者になる逸材」だと太鼓判を押す。

「これまでに4人の世界王者を送り出しましたが、銀次朗の能力は彼らと比較してもまったく引けを取りません。ボクシングを始めたころから負けを知らないなんて、常識では考えられないですよね。どこまで上り詰めるか、楽しみです」

身長153㎝の小兵ながら、KO率83%が示すようにパンチは重い。冷静に相手を観察し、自分のボクシングを貫く技術と度胸が魅力だ。銀次朗は語る。

「幼稚園の年長のころから、2つ年上の兄貴と一緒に空手道場に通っていました。でも、僕はこの通り小さいですから、体格で勝る相手に負けてばかりいました。当時、テレビで見た長谷川穂積さん(40)が恰好良かったこともあって、小学4年生の終わりからボクシングも並行して始めました」

階級制であるボクシングは、小柄な銀次朗に適していた。

「パンチの出し方、よけ方、ステップなど、空手で身に付けたことがボクシングで生きました。小学5年生で出場したU-15の大会で、全国優勝を飾ることができたのです。まさか、という感じでしたが、僕はそこで『今後、負けることは許されない』と自分に誓いました。言わば、あの日から僕は、世界一になるための練習をやっているのです」

中学に進んでも部活動には参加せずに、ジムでボクシングを続けた。そして、兄の後を追うように故郷、熊本の開新高校に進学する。

生涯無敗を誓った銀次朗だが、実は入学から数ヵ月後に催されたインターハイ熊本県予選の決勝でキャリア唯一の黒星を喫している。対戦相手は兄、優大だった。「兄弟に生死を懸けた戦いをやらせるわけにはいかない」と判断したボクシング部の顧問が、試合開始のゴングと同時にコーナーからタオルを投入したのだ。

「顧問の配慮ですから仕方ありません。それに高校1年のころはまだ心のどこかで『そのうち負けるのではないか』と思っていましたから。ところが、春の選抜大会で全国優勝することができた。実績を積むほど、勝つことが当たり前になります。負けは許されないと、背負うものがどんどん、大きくなりました。結局、左手首の骨折で出場できなかった高3の国体以外、すべての大会で優勝しました」

高校5冠王者として、鳴り物入りでプロ入り。兄は拓殖大学に進学し、五輪を目指したが、銀次朗はプロに拘(こだわ)った。

「プロは華やかですし、あのころもいまも、世界のベルトしか僕の眼中にはない」

ワタナベボクシングジムを選んだのは、元WBA/IBFライトフライ級チャンピオンの田口良一(34)、現WBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(27)、前日本ミニマム級王者の谷口将隆(27)と、軽量級のトップ選手が在籍し、彼らに揉(も)まれることが成長に繋がると考えたからだ。

「上京して5ヵ月後くらいに京口さんとスパーリングをやらせていただいたんです。3~4ラウンドでしたが、レベルの差を痛感しました。序盤はわざと攻めさせておいて、徐々に京口さんの距離、リズムになって捕まえられてしまいました。自分の長所を消され、スタミナが無いことも思い知らされました。京口さんとはトータルで、30ラウンドくらいのスパーリングをしていると思います。毎回、物凄く勉強になりますね」

そのスパーを観ていた渡辺会長は銀次朗の成功を確信する。

「たしかに京口が押していましたが、銀次朗のパンチの当て勘、距離の取り方には目を見張りました。アマチュアでの輝かしい戦績は伊達じゃない。ストイックな選手で、ボクシングに対する姿勢も申し分ない。世界を獲らせてやらねば、と心底思いました」

’19年7月、デビューから4戦目でWBOアジアパシフィックミニマム級タイトルを獲得。初回KO勝ちだった。同年大晦日には5ラウンドで挑戦者を沈め、初防衛に成功した。この一戦で渡辺会長は銀次朗の底力を目の当たりにする。

「あえてパンチのある選手との試合を組みました。1ラウンドにカウンターの左ショートでダウンを奪い、上々の滑り出しだったのですが、第3ラウンドに左ストレートを喰らい、腰を落としたんです。ダメージを負ったうえ、さらに左を浴びて銀次朗は劣勢に立たされました。それでも、4回に足を使って距離を取り、ボディで相手を弱らせて試合を組み立て直したんですよ。

そして、5ラウンドに得意の左ストレートでノックアウト。クレバーさを見せました。連勝している選手でも、あっという間に崩れるのがボクシングです。ピンチになっても落ち着いて対処できる。それだけ引き出しが多い選手なんですね。自分の出し方を銀次朗はよく理解しています」

渡辺会長はすぐさま、上のステージを用意しようとしたが、新型コロナウイルスが世界を覆い、銀次朗も19ヵ月のブランクを余儀なくされた。

「試合が決まりかけても、すぐに流れてしまう。そんなことが3~4回ありました。キャンセルと聞かされた時は、毎回放心状態になって、何も手につかなくなる。テレビに目をやっても、何も入って来ない。このままボクシングが出来なくなってしまうのかな……と不安でモチベーションも落ちました」(銀次朗)

耐える時期を経て、去る7月14日に無敗の挑戦者を2ラウンドで一蹴し、世界戦に標準を絞った。

「間隔を空けずにリングに上がりたいです。いまは足で相手の攻撃を捌(さば)くことに加え、上半身の動きでパンチを躱(かわ)す練習をしています。必ず、世界のベルトを巻いてみせます」(同)

陣営としては、世界タイトル前哨戦で弾みをつけ、’22年中に王座に挑む青写真を描いている。負け知らずの男の記録はどこまで伸びるか。

練習終わりに駅近くで。リングを降りれば、いまどきのオシャレな若者だ。空き時間は蕎麦屋でアルバイト
7月のWBOアジアパシフィックミニマム級タイトル戦で銀次朗は右フックを効かせて挑戦者を2回TKO!
兄・優大(24)と。11月12日、弟が持っていたWBOアジアパシフィックミニマム級タイトルに挑戦する

『FRIDAY』2021年11月19日号より

  • 取材・文林 壮一

    ノンフィクション作家

  • 撮影山口裕朗

    フォトグラファー

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事