石田ゆり子「ニットのダボダボセーター&パンツ姿」にファン感激 | FRIDAYデジタル

石田ゆり子「ニットのダボダボセーター&パンツ姿」にファン感激

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
日本ジュエリーベストドレッサー賞授賞式に出席した際の石田ゆり子(AFLO)

女優の石田ゆり子が自身のインスタグラムアカウントで「可愛すぎるダボダボニット」姿を公開し、大きな話題を呼んでいる。「とても素敵です」「ゆり子さんはニットがとっても似合います」「可愛い~」「大好き」といった称賛のコメントが殺到した。

写真の石田はグレーのゆったりとしたニットのセーターに、太いベージュのパンツをはいている。そして先がとがっている白のシューズがとても印象的だ。ヘアスタイルはボブで、毛先がクルンとカールしているのが可愛らしい。石田は自分の投稿に以下の文章を寄せている。

「本日の撮影で、ヘアメイクのまっちゃんこと松本直子さんが着ていた、 『自分で編んだセーター』がすごく可愛くて、着てみたい!とお願いして着させてもらいました」

「編み物ってすてき。わたしはニッターに憧れる。最近は男性のニッターも増えてきて、素晴らしいことです。私もやりたいな、編み物」

どうやら石田が着用しているニットはヘアメイクが自分で編んだもののようだ。あまりの完成度の高さにファンからも「クオリティー高すぎ!」といった声もあがった。一方で「(石田がニットを着ている)この間、松本さんはどういう状態になっているのか」という疑問も投げかけられていた。

石田が編み物を始めたらどんな服を編むのだろうか。きっと暖かそうなものになるに違いない。

さて、そんな石田が出演していたドラマ、TBS系日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は放送中、常に高視聴率を維持し、最終回の世帯平均視聴率が19.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という驚異的な数字を記録して幕を閉じた。東京都知事の赤塚梓役を演じていたが、あまりのはまりっぷりに「本当に都知事になってほしい!」という声が殺到した。そして話題沸騰のドラマが終わり、早くも「石田ロス」を発症してしまっているファンも多いことだろう。

次はどんな役を演じるのだろうか。ますます石田から目が離せなくなった……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事