衝撃!官僚が作った「茂木新幹事長対策マニュアル」のヤバい中身 | FRIDAYデジタル

衝撃!官僚が作った「茂木新幹事長対策マニュアル」のヤバい中身

A4用紙22枚にわたって注意書きが延々と……経済産業大臣時代に事務方の官僚が作った「トリセツ」が細かすぎる

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

食事

本誌が入手した、官僚が作成した茂木氏に同行する職員用の注意書き。ビッシリと情報が詰め込まれており、現場の苦労がしのばれる

〈嫌いな食べ物は、煮物全般、酢の物、ゴマ豆腐、キャビア、サーモンサンドイッチ、硬いパン(ベーグル、フランスパン等)、餡かけのもの全般、フカヒレ、冷やし中華、長崎ちゃんぽん、スイカ、メロン(夕張メロンは除く)、和菓子全般、洋菓子全般〉

これは自民党の茂木敏充(もてぎとしみつ)幹事長(66)が、経済産業大臣を務めていた’14年当時に、同省の事務方の官僚が作成したメモの一節である。上写真を見てほしい。文書は「大臣出張等メモ」と題され、A4用紙22枚にもわたり、茂木氏の”取り扱いマニュアル”が詳細に書かれている。

茂木氏は東京大学経済学部卒業、ハーバード大学大学院修了、マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務を経て、国会議員となったエリートである。その一方、永田町きっての「瞬間湯沸かし器」として、霞が関では知られているという。

「茂木氏の逆鱗に触れた役人はいくらでもいます。それでも、政治家として仕事ができるので、歴代総理のもとで要職を任される。そこで、これ以上、”被害者”を増やさないために、この『マニュアル』が作成され、引き継がれていったそうです」(経済産業省関係者)

政治ジャーナリストの角谷浩一氏もこう指摘する。

「コーヒーと紅茶のどちらが好きなのか程度の申し送りはよくありますが、22ぺージにも及ぶものは聞いたことがありません。茂木氏は『役人よりも自分のほうが頭が良い』という態度を隠さない政治家です。彼の機嫌を損ねないように、申し送り事項がどんどんアップデートされ、省内に周知させるためにメモを作成したらそんなページ数になったのでしょう」

メモの中身を読むと、まず『食事』の項目が4ページもある。冒頭で紹介した嫌いな食べ物だけでなく、好物についても詳しく書かれている。

〈ご飯ものよりも麺類やパン〉

〈ハンバーガーはオーソドックスなもの、カレーは辛口なものを好む〉

〈夜食にカップラーメンやカップ焼きそば(ペヤングソース焼きそば)を要望されることが多くなってきている〉

出張先のホテルの自室で軽食をとる際の注意点はさらに細かい。

〈大臣から明示的に要望のある軽食は、甘いパン(デニッシュ等)やヨーグルトやフルーツ(バナナ等)。(中略)甘いパンは実際に大臣がどれを選ぶのかが分からない(当日の気分次第)ため、可能な限り全ての種類を持ってきて、大臣に一つか二つ選んでもらい、別のお皿に取ってもらう形式とすること〉

〈最近の出張ではアイスコーヒーをよく要望されるが、その都度、ホテル側にお願いしてもすぐには運ばれてはこないため、事前にロジ担当者はポット等でコーヒーを注文し、それをロジ室の冷蔵庫で常に冷やしておいて、大臣からアイスコーヒーを要望されたら、すぐに氷をホテルからもらって、アイスコーヒーを作り、すぐに大臣に提供できるようにすること〉

〈ルームサービス等で麺類を注文する際には、大臣に提供するタイミングについて細心の注意を払うことが必要。暖かい麺類の場合はのびないように、冷たい麺類の場合は固まらない(硬くならない)ように、ちょうど良いタイミングで提供することが必要。(中国出張の際のトランジット先のソウルで、(中略)冷麺ができてから大臣に提供するまでのタイミングが20分ほどずれてしまい、麺がかたまっていた冷麺を大臣にそのまま提供してしまったため、かたくて食べられないと大激怒していた)〉

これを読むだけでも、現場のピリピリムードが伝わってくる。さらに『飲み物』『タバコ』『移動』『ホテル』などの項目が続く。詳しくは本記事に掲載した文書の画像を見てほしい。こんな上司の下では働きたくないと誰もが思う。茂木氏はどれだけキレやすいのか……。

この文書を作った目的について、経済産業省大臣官房広報室に取材を申し込んだが、こう回答するのみだった。

「ご指摘の文書の存在については、確認できませんでした」

前出の角谷氏が語る。

「今後は自民党の党職員がこのマニュアルを欲しがるでしょうね(笑)。茂木氏は『全部オレがやる。そして手柄もオレのもの』というタイプです。茂木氏に激高された人は永田町、霞が関にはたくさんいますが、茂木氏のために動く人はどれだけいるのか。本来なら表に出るはずのない『トリセツ』が流出していること自体が、人望の無さを象徴しています」

超短気な新幹事長の誕生で果たして自民党はどうなるのか……。

小選挙区で落選した甘利明氏に代わり、外相を務めていた茂木氏が自民党のナンバー2である幹事長に抜擢された

『FRIDAY』2021年11月26日号より

  • 撮影結束武郎(文書) 鬼怒川 毅(茂木氏)

Photo Gallery7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事