木村沙織「脚が長すぎる黒パンツ姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

木村沙織「脚が長すぎる黒パンツ姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
現役時代もいまも変わらぬ存在感(AFLO)

元女子バレーボール日本代表選手の木村沙織が、自身のインスタグラムアカウントに「脚が長すぎる黒パンツショット」を公開し、大きな話題を呼んでいる。「いですねー!」「さおりんきゅんです」「良い笑顔!!」「おキレイです」といったコメントが殺到した。

写真の木村は赤のトレーナーに黒のロングパンツ姿だ。髪をポニーテールにしているのがとても可愛らしい。写真には、木村が出身の春高バレー常連校、下北沢成徳高校の同窓メンバーも写っている。元日本代表の荒木絵里香、大山加奈のほか、プロビーチバレーボールの大山未希に、現在は実業家の下村えりだ。どうやら月刊バレーボールで荒木の引退特集を組むということで、5人が集まったようだ。

「今月15日発売の月バレはえりかさん号です」
「成徳時代の話しで盛り上がり爆笑にちょい涙みたいな情緒不安定な対談に参加できてとても楽しかったです」
「改めて絵里香さん、本当にお疲れ様でした」(木村のインスタより)

木村はもう1枚写真を公開している。小川良樹監督と一緒に並んだ写真で、曰く「2枚目はしっかりもののキャプテン組といつもキャプテンを困らせる組」(木村のインスタより)だ。この写真で圧倒されるのは木村の脚の長さ。黒のロングパンツが、細くて長い、美しすぎる脚をさらに強調している。

木村は17歳にして日本代表に初招集され、アテネ五輪では「スーパー女子高生」として注目された。その後も絶対的エースとして日本代表を牽引し、ロンドン五輪では銅メダルを獲得。リオ五輪では女子インドアバレー選手として初めて4大会連続の五輪出場を達成した。

圧倒的美貌から現役引退後は「東京ガールズコレクション」のランウェイにも登場。東京五輪でもコメンテーターとして活躍した。現在は大阪にて、家族でカフェバーを経営している。最近では2周年を記念したお店のオリジナルTシャツを発売し、話題を呼んだ。自ら、シャツを着てインスタなどで、体をはって宣伝していた。

ますます、木村から目が離せない……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事