祝婚約!メグ・ライアンが夏を過ごすクールなビーチハウス

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
instagramで婚約を宣言したメグ・ライアン

11月8日、メグ・ライアン(56)が歌手のジョン・メレンキャンプ(67)との婚約を自身のSNSで公表した。これまで何度も、婚約した、別れたという報道があったが、突然instagramに「ENGAGED!(婚約した)」とコメント。ジョンらしき男性と手をつなぐ自筆のイラストとともに投稿した。

「メグ・ライアンは、’80〜’90年代に熱狂的な人気を誇った女優です。『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』など数々のヒット作に出演しました。特にトム・ハンクスとの共演は話題になりました。彼女がラブコメディに出ると必ず大ヒットするので、『ラブコメの女王』と呼ばれるようになったんです」(映画評論家・木村奈保子氏)

彼女は1991年、俳優のデニス・クエイドと結婚し、ジャックという長男を出産。しかし、’01年には離婚している。’06年には、中国人のデイジー・トゥルーを養女に迎えている。ジョン・メレンキャンプとの交際の行方は全米が注目する関心事だった。

そんな、メグ・ライアンは、ハリウッドやニューヨークのマンハッタンに自宅を持っていたが、夏のバカンスシーズンには、下の写真の家を利用してきた。マサチューセッツ州の南東にあるチャパキディック島という小さな島に建っている。コネチカット州出身の彼女は、子どものころに自然豊かなこの島を訪問し、いつか帰ってきたいと思っていたという。念願が叶い’06年にこの別荘を700万ドルで購入した。

最近は目立った出演作がないメグ・ライアンだが、映画監督、プロデューサーとして活躍の幅を広げている。今回の婚約を機に女優として新たな一面を見せてくれるにちがいない。

別荘の建つチャパキディック島は、大西洋に浮かぶ小島で、人口は約180人。かなりの田舎町で、舗装された道すらほとんどない

写真:Splash/アフロ

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事