NHK『おはよう日本』のチーフPが盗撮 関係者は「やっぱりな」

スマホには女子アナたちの画像が保存されていたという情報も

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
10月27日に送検された重藤容疑者。中学生の息子と小学生の娘を持つ父親でもある

「重藤は地方放送局時代にも、『打ち合わせ』と称してキャスターの女性をしつこく食事に誘ったり、自宅に押しかけたりしていたそうです。今回、ついに犯罪を犯したと聞いて『やっぱりな』と納得してしまいました」(NHK関係者)

NHKの報道番組『おはよう日本』のチーフプロデューサー、重藤聡司容疑者(42)が逮捕された。京王井の頭線下北沢駅(東京都世田谷区)で10月25日、20代女性のスカート内を盗撮したのだ。「盗撮行為は間違いない」と容疑を認め、証拠隠滅の恐れはないという判断なのか、警視庁は重藤容疑者を10月27日に釈放。以後は、在宅のまま捜査が続けられている。

重藤容疑者は中央大学法学部を卒業した後、’00年にNHKに入局。青森、松山放送局を経て、今年6月から朝の報道番組『おはよう日本』を担当していた。

同番組では”わくまゆ”こと和久田麻由子アナが起用されているが、重藤容疑者には彼女をスマホで隠し撮りしていた”余罪”が疑われているという。

「局内では、重藤が女子アナたちの写真をスマホに保存していたという噂が流れています。その中に、番組放送前に和久田アナが打ち合わせやメイクをしている時の画像があったそうです。また、重藤は安室奈美恵の追っかけをするほどのファンで、『おはよう日本』でインタビューした際も彼女の姿を無断で撮影していたという話もあります」(NHK関係者)

本誌は真偽を確かめるため、東京郊外にある重藤容疑者の自宅に向かった。すると自宅前で洗車をしていた、初老の男性が記者に話しかけてくる。

「私は重藤の義理の父親です。近所迷惑になるので帰ってもらえませんか」

――重藤さんはどうしていますか。

「精神的に参って寝込んでいる。警察から自宅で謹慎するよう一筆書かされているので、家からは出てこられないです」

消え入るような声でつぶやくと、男性はそれ以上何も話さなかった。

今回の事件について、NHK広報局は「職員が逮捕されたことは遺憾です。事実関係を確認したうえで、厳正に対処します」と回答している。

精神科医の片田珠美氏は話す。

「盗撮の罰則は『1年以下の懲役又は100万円以下の罰金』(東京都迷惑防止条例)と、罪の程度で言えば軽いですが、れっきとした性犯罪です。撮った写真をコレクションする欲望と、禁を破る快楽が忘れられず、再犯を犯す可能性が極めて高い。逮捕されたとしても、初犯なら刑務所に入ることはまれなので、罪の意識が生まれにくいのも理由の一つです。今回の事件のように、すぐに釈放された場合は特に警戒する必要があります」

たかが盗撮――、そう本人が思っている限り、犯行は繰り返されるのだ。

不祥事が続くNHK。今年8月にも、50代の部長が局内女性へのセクハラ行為で3ヵ月の停職処分を受けた

撮影:蓮尾真司

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事