韓国紙記者が公開…!金正恩が葬った「トップ女優&芸能人リスト」 | FRIDAYデジタル

韓国紙記者が公開…!金正恩が葬った「トップ女優&芸能人リスト」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
外国のドラマや映画だけでなく自国の作品も厳しく規制し始めた金正恩氏(画像:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

〈リストを見れば、北朝鮮でいかに多くの芸能人が命を落としたかわかる〉

自身のYouTubeチャンネルでこう解説するのは、韓国紙『東亜日報』の記者で脱北者のチュ・ソンハ氏だ。チュ氏が「リスト」として公開したのは、北朝鮮の「109常務」が作成した内部文書。北朝鮮では視聴自体が違法とされる、「不法映像物」が列挙されている。

「『109常務』とは、韓流ドラマをはじめ外国から流入した違法作品などを取り締まる特別組織のことです。北朝鮮で組織につけられる数字は、最高指導者が指示を出した日付があてがわれます。『109』なら10月9日に命令が下ったと考えられる。『常務』は、特別な任務を行う『タスクフォース』という意味です。

『109常務』は、金正恩氏の父・金正日氏時代の04年に創設されました。国家安全保衛部(秘密警察)や安全部(警察)の要員、コンピューター技術者などが集められた。全国に『小組(ユニット)』があり、不法映像物がないか一般家庭を抜き打ちで捜査します」(韓国紙記者)

意外なのは、「109常務」の作成したリストに外国の映画やドラマだけでなく、北朝鮮国内で作られた作品が多く掲載されていることだ。朝鮮半島情勢に詳しい『デイリーNKジャパン』編集長・高英起氏が解説する。

「今年1月に行われた労働党党大会で、金正恩氏が徹底を強調した新しい法律があります。『反動的思想・文化排撃法』です。同法では外国の韓流コンテンツだけでなく、北朝鮮が制作した作品に対しても厳しい規制をもうけている。過去に不適切な言動のあった芸能人が出演していたり、外国の影響を受けていると思われる映像物です」

有名女優が味わった「この世の地獄」

チュ氏によると、リストに載った作品に主役として出演した芸能人の大半が抹殺されたという。高氏が続ける。

「なかには『幹は根から育つ』『紅湍(テホンダン)責任書記』『ある女学生の日記』など、北朝鮮国内で評価の高かった作品もあるんです。『幹は根から育つ』の主演は、キム・ヘギョンという『喜び組』出身のトップ女優。金正恩氏の叔父で、13年12月に処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏の愛人だったといわれます。

確かにキム・ヘギョンは処刑された可能性が高い。張氏の威光をバックに違法に蓄財。張氏の処刑直後に資産の一部を差し出し、当局に出頭しましたが金正恩氏は許しませんでした。重刑を科し、隠し子とともに『この世の地獄』と呼ばれる政治犯収容所『完全統制区域』送りに。その後の消息はわかっていないんです」

当局によって葬られた、映像や芸能人たち……。なぜ金正恩氏は、自国の作品にまで規制を強化するのだろう。

「北朝鮮の映像物にも、国内で流布する韓国のドラマや映画の影響が出ているのは周知の事実です。正恩氏は、その流れをなんとか防ごうと躍起なのでしょう。国家は、決して軍事力や政治的圧力だけで倒れるわけではありません。東ヨーロッパの旧社会主義諸国の例を見てもわかる通り、外国の文化が流入し、徐々に国民の意識が変わっていくことが遠因です。

北朝鮮でも海外の映画や都合の悪い自国作品が、ジワジワと人民の間に広がっている。国内外の作品への規制強化は、正恩氏の危機感が強いことを表しています」

国外の作品だけでなく、国内のコンテンツによっても、独裁体制が徐々に蝕まれている北朝鮮。金正恩氏の焦りは強まる一方だろう。

  • 写真KNS/KCNA/AFP/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事