不倫告白の中国テニス選手 国営放送が「無事報告」の戦慄背景 | FRIDAYデジタル

不倫告白の中国テニス選手 国営放送が「無事報告」の戦慄背景

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
行方がわからなくなっている彭帥。「ロシアの妖精」シャラポワのライバルとしても有名だ

違和感だけが残る報道だった。

中国国営メディア「中国国際テレビ」(CGTN)が、ある女子プロテニス選手が女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高責任者へ送ったとされるメールのスクリーンショットを、11月18日にツイッターで公開したのだ。メールには、英語で以下のように記されている。

〈最近報じられたニュースに関して、私自身は内容について確認もしくは検証していません。私の同意なしに公表されたものです。性的暴行の告発は、真実ではありません。私は行方不明になっても、身の危険にさらされてもいません。単に自宅で休んでいるだけです。何もかも順調です〉

ツイッターは外国向けに発信されたもの。中国国内ではメールについて報じられていない。さらに20日には、別の国営メディア関係者がツイッターを更新し、彼女の写真を投稿。ぬいぐるみに囲まれた部屋で猫と遊んだり、猫を抱いたりする様子を写しているーー。

当該選手の名前は、彭帥(35)。13年の全英、14年の全仏を制し、ダブルスの世界最高ランクが1位にもなった、中国を代表するテニス選手だ。彼女は11月2日、中国の投稿サイト「微博(ウェイボー)」に元中国共産党最高幹部と不倫関係にあったとする告発文を掲載している。内容は衝撃的だった。

〈私はあなたの家に行った。あなたの夫人と一緒に。あなたは私を自分の部屋に引き入れた。そして十数年前と同じように、性的関係を結んだ。あの日の午後、私はとても恐かった。あのようになるとは、思っていなかったから。でも私は閉じ込められ、夫人が望むとはとても思えないことをしてしまった〉

当局が30分で削除

彭の書き込みによると、「あなた」とは中国共産党幹部だった前副首相の張高麗氏(75)のこと。張氏が天津市のトップだった07年ごろに不倫関係となるが、同氏が中央政界に進出したことで疎遠に。17年に張氏が政界を引退すると、強引に関係を迫られ再び男女の仲になったという。規制の厳しい中国で、最高幹部だった人物のスキャンダルが叫ばれるのは異例のことだ。

「彭の書き込みは、当局により配信後30分ほどで削除されました。しかしスクリーンショットが、またたく間に拡散。中国と対立する台湾メディアが報じ、世界中が知ることとなったんです。書き込みの真偽は不明ですが、中国の元最高幹部とトップの不倫疑惑は日本でも話題となりました。年齢も40歳差ですから」(在中国ライター)

だが、投稿の削除で騒動は収まらなかった。直後から、彭の消息がわからなくなったのだ。大坂なおみやノバク・ジョコビッチなど海外の選手たちは、相次いで「無事を祈っている」とのコメントを発表。WTAは14日、中国政府に対して今回の疑惑の調査をするよう要求した。

騒動の渦中で突然、中国メディアが公表したのが「不倫は事実ではない」とする彭のメールだ。

「本当に彭氏が書いたメールなのか。たとえ本人が書いたとしても、自分の意思によるものなのか疑問が残ります。内容どおり『何もかも順調』なら、国営メディアに頼らず、自身のSNSで発信するのが普通でしょう。元気な姿を、リアルタイムで動画配信することもできるハズです」(同前)

WTAのサイモン氏は、メールを受け取ったことは認めつつ、次のような声明を出している。

「より懸念が深まった。本人が書いたものと信じるのは難しい。いかなる強制や脅迫なしに、彭氏が自由に話すことが認められなければならない。性的暴行についての彼女の告発が尊重され、完全な透明性および検閲を受けることなく調査されなければならない」

中国にとって幹部のスキャンダルは、あってはならない重大事件だ。中国情勢に詳しい拓殖大学教授でジャーナリストの富坂聰氏が、騒動と当局によるメール公開の背景について語る。

「外交問題に発展するのを恐れているのでしょう。米国のバイデン政権は中国の人権問題を理由に、来年の北京冬季五輪に外交使節団を派遣しない『ボイコット』を検討していると言われます。外務省の報道官も連日、海外の記者から今回の騒動について聞かれ『外交問題ではない』と答えている。メールを公表したことにより、当局としての見解を示したかったのでしょう。

ただ、やり方がまずい。メールのスクリーンショットを見せただけで、『彭氏は安全で不倫はウソだ』と信じろといってもムリがあります。かえって疑惑を増幅させた感さえある。彭氏が当局に拘束されているとは考えづらいですが、監視下にあるのは間違いないと思います」

海外から強まる、騒動の調査要請。北京五輪開催が3ヵ月後にせまるなか、トップアスリートと元最高幹部の不倫疑惑は波紋を広げている。

  • 写真アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事