鈴木亮平&宮沢氷魚 長身の二人がロケで放った圧倒的オーラ | FRIDAYデジタル

鈴木亮平&宮沢氷魚 長身の二人がロケで放った圧倒的オーラ

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24 〈東松原 13時05分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
商店街を笑顔で語らいながら歩く鈴木と宮沢。二人とも180cm超の長身とあって、一際、目立っていた

世田谷区内の商店街を歩く長身の二人組。やけにスラリとした塩顔イケメンたちがいるな……と思ったら、鈴木亮平(38)と宮沢氷魚(ひお)(27)ではないか。どうやら再来年公開予定の映画を撮影していたようだ。

商店街を歩きながら、角刈りの鈴木を見つめて柔らかな笑みを浮かべる宮沢。鈴木は身長186cm、宮沢は184cmと、ともに長身&小顔の二人。そのスタイルの良さで、遠目からでも目立つ、目立つ! 二人が歩くたびに、買い物客ら見物人が集まってくる状態だった。

「宮沢は元『THE BOOM』の宮沢和史の息子ですが、親の七光りとは関係なく、演技力を評価されて順調にキャリアを築いています。来年のNHK朝ドラ『ちむどんどん』にも主要キャストとして出演が決まっている。朝ドラの撮影はとにかくハードなので、’14年の朝ドラ『花子とアン』でヒロインの夫役を演じた鈴木から、撮影のアドバイスも受けているのだとか」(映画関係者)

撮影中も息がピッタリだった二人。映画の公開が楽しみだ。

『FRIDAY』2021年12月03日号より

  • 撮影岡田浩太郎

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事