霜降り明星せいや& 尼神インター渚 真夜中へべれけツーショット | FRIDAYデジタル

霜降り明星せいや& 尼神インター渚 真夜中へべれけツーショット

近所のコンビニで合流してから仲良く和食居酒屋へ 気心の知れた先輩後輩が2時間サシ飲み

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
深夜0時、店を出て歩く二人。直後、渚は通り沿いでタクシーを拾い、せいやは深々とお辞儀をして見送った

11月初旬の夜10時頃、都内のコンビニに入っていく『霜降り明星』せいや(29)の姿があった。黒いトレーナーにジーパン、足元はサンダル。コンタクトも外し、眼鏡をしているところをみるとだいぶリラックスモードか。

のんびりと散歩するせいや。その傍(かたわ)らには髪を赤く染めた女性が……。女性お笑いコンビ『尼神インター』の渚(37)である。通り沿いで待ち合わせをしていたのだろう。熟年夫婦のような慣れた雰囲気で並んで歩いていた。渚のほうも、セットアップのジャージにつっかけサンダルとすっかりオフモードだ。二人はそのまま近くの居酒屋へと向かった。

店内で楽しそうに語らうこと2時間。日付が変わる頃、二人は少し酔った様子で店から出て来た。もしや、これからせいやのマンションへ……。しかし、そんな記者の期待も虚(むな)しく、少し歩いた先で渚がタクシーを拾って乗り込むと、せいやは恐縮した様子でペコペコと頭を下げ、見送った。

二人は大阪時代からの仲だという。渚は吉本で、せいやの3期上の先輩。『霜降り明星』がブレイクする前からよく面倒をみていた。

「’17年に仕事で東京に来たせいやを、渚が自宅に泊めたんです。そのことを渚が番組で喋(しゃべ)ったら、ネットニュースで『部屋に泊めた男性芸人の名前を暴露』と報じられたのですが、本人は『ニュースにすな、しょーもない』と一蹴しました。本当に仲がいいんです」(全国紙芸能記者)

『霜降り明星』といえば“第7世代”の筆頭ともいえる超人気コンビ。TV12本、ラジオ2本のレギュラー番組を抱え、多忙な日々を送っている。さらに’20年にはドラマ『テセウスの船』(TBS系)で見せたせいやの迫真の演技が話題となった。

一方、『尼神インター』渚は、今月12日に公開された『たまの映像詩集 渚のバイセコー』で映画初出演にして初主演を果たした。舞台挨拶では、「やりきった。この後のビールが楽しみ」と語っていた。この日も渚がせいやを呼び出し、大好きなビールを片手に演技の難しさでも語ったのだろうか。

共に売れない時代を過ごした先輩後輩が、互いに東京進出し、成功した今でも変わらぬ交友を続けている。お笑いや演技、これからも二人の活躍に期待だ。

本誌未掲載カット せいや& 渚 真夜中のへべれけツーショット
本誌未掲載カット せいや& 渚 真夜中のへべれけツーショット

『FRIDAY』2021年12月3日号より

  • 撮影等々力純生

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事