吉岡里帆「大胆すぎる黒のスリットドレス姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

吉岡里帆「大胆すぎる黒のスリットドレス姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
日本ジュエリーベストドレッサー賞に出席した際の吉岡里帆(AFLO)

女優でモデルの吉岡里帆が自身のインスタグラムアカウントに「黒のスリットドレス姿」を公開し、大きな話題を呼んでいる。「素敵な笑顔」「So pretty」「最高」「可愛いっす」といった称賛のコメントが殺到した。

吉岡が投稿した写真では、吉岡はピンクと白の中国風衣装で髪もピンクにしている。そして、頭からはピョコンと猫のミミのようなものがはえている。手も「ニャンニャン」のポーズをしている。さらには吉岡の周りに奇妙な格好をした人たちが立ち並ぶ……吉岡はインスタで「妖達との思い出。」と説明しているが、これは一体なんだ!?

実はこの写真、吉岡が出演していた舞台「狐晴明九尾狩」に関するもの。劇団☆新感線の41周年を記念して上演され、中島かずき作、いのうえひでのり演出による“いのうえ歌舞伎”の新作だ。中村倫也(安倍晴明役)や向井理(賀茂利風役)らと共演し、吉岡は「狐霊のタオフーリン」を演じた。

舞台は11月11日大千穐楽をむかえた。その際、吉岡は来場者にこんな感謝の言葉をインスタに綴っていた。

「観に来て下さった方々、応援して下さった方々ありがとうございました」

吉岡は「日清のどん兵衛」のCMではキャラクター「どんぎつね」も演じていることもあり、「気付いたら今年の3分の1狐役でした。笑」ともコメントした。ちなみに吉岡は狐役を演じる際は、こんなこだわりがあるのだという。

「『人間じゃないよ』といつも思いながらやっています。某きつねをずっとやっていて、すごく大事にしているんですけど、『絶対に人間の耳を見せない』。それはつねにメイクさんと話し合ってやっています」

と、作品の世界観を壊さないよう、吉岡はさまざまな配慮をしているのだ。

今年は春にドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)に、秋は舞台に出演し女優として大忙しだった吉岡。年末といえばそろそろ「どん兵衛」のCMが観られる時期だろうか。さて、来年はどんな役を吉岡は演じるのだろうか。ますます目が離せない……!

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事