深田恭子「大胆にまぶしいグリーンの着物姿」にファン歓喜! | FRIDAYデジタル

深田恭子「大胆にまぶしいグリーンの着物姿」にファン歓喜!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
昨年秋、ドラマ撮影に臨んだ際の深田恭子

女優の深田恭子の「まぶしすぎるライトグリーンの着物姿」が大きな話題を呼んでいる。表紙に深田を起用した着物雑誌「美しいキモノ」の2021年冬号が掲載したものだ。

同誌は6ページにわたり、カラフルな着物を着た深田の写真やインタビューを掲載している。記事では「なんとも愛らしいルックスと親しみやすい人柄で人気の女優、深田恭子さんが登場! 華やかな訪問着を品よく着こなしてくださいました」(雑誌より)と歓迎の気持ちをこめて、深田を紹介している。

「美しいキモノ」では松嶋菜々子など”落ち着いた”女性がモデルになるケースが多々見られるが、深田も素敵な年の重ね方をしてきた。あまりにも端麗な着物姿に言葉を失ってしまう。

そんな雑誌の中でもひと際目をひくのが、深田のライトグリーンの着物姿だ。生地の花柄が、深田の華麗さを引き立てる。指のハリー・ウィンストンのリングもとても印象的だ。フレッシュでうきうきとした気分になるコーディネートだ。

「春の芽吹きを感じさせるグリーン地に牡丹を中心に百花をたっぷりと表した友禅染の訪問着です。まるで一幅の絵を観るように、濃淡をつけた繊細な色調でさまざまな花が描かれています。花柄の袋帯を合わせて」(雑誌より)

ちなみに、深田は10代のときに連続ドラマで仲居さんの役を演じ、その際毎日着物を着ていたという。

雑誌では「大河ドラマのお稽古のときは家でゆかたを着て出掛けていました。松の柄と島の柄のゆかたでしたね」と当時を振り返った。毎年夏には浴衣を着て楽しんでいるそうだ。また「人生で一度ぐらい、きものを着て初詣に出掛けてみたいなと思います」とも語った。

そのほかにも、ライトブルーの清らかな着物姿や、赤と金のゴージャスな着物姿の深田が掲載されている。これはファンにとっては永久保存版のたまらない一冊だ!

今年は活動を休止するなど大変な一年だった深田。年末ぐらいはゆっくり休んでほしい。そして、来年もまた元気な姿を見せてね……!

  • 写真近藤裕介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事