アン・シネ「大胆すぎるタイトなウェア姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

アン・シネ「大胆すぎるタイトなウェア姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2018年のアン・シネ(AFLO)

「セクシークイーン」の異名を持つ、韓国女子プロゴルフのアン・シネが、自身のインスタグラムアカウントに「ボディラインピッタリの大胆すぎるゴルフウェア姿」を公開し大きな話題を呼んでいる。「ゴージャス」「めっちゃキレイ」「大好きです」「滅茶可愛い」と称賛するコメントが殺到した。

アンは1990年、韓国ソウル生まれ。9歳の時にニュージーランドに移り住み、本格的にゴルフを始めた。2008年にKLPGAに入会し、プロゴルファーとなった。そして2017年に日本女子ゴルフデビューを決めた。

プロゴルファーとしても大きな注目を集めてきたが、最近ではもっぱらそのファッションセンスが話題になることが多い。大胆なデザインの私服を好んで着用しては、インスタグラムで公開している。いずれも彼女のファンには好評で、いつも多くの称賛コメントが寄せられている。

また、ゴルフ場でもアンはデザイン性の高いウェアを着用している。「体がタイトに見えるものが好き」と語っており、ピチピチでボディラインがはっきりとわかるものを着ている。そして、ミニスカートをはいていることも多く、新たなゴルフファンを創出してきた。そんなアンはアディダス・コリアと契約しており、同社のモデルも務めている。

この度、アンが公開したのもネイビーのアディダスの襟つきシャツを着た写真だ。大好きなピチピチのデザインで、アンの美しすぎるボディラインが露わになっている。また、アンのキュッとしているくびれも印象的だ。

そんなアンだが、投稿には「熱心にトレーニング中!フィールドでまた会う日のために」とのコメントを残した。

コロナ禍では不運が続き、思うように練習や試合に参加することができなかったアン。約1年半ぶりの復帰戦となった今年7月の韓国女子ツアー「DAEBO hausDオープン」は予選敗退に終わった。一時は引退説も流れたが、この投稿にはアンのみなぎる闘志が溢れている。

早くに日本にきて、かっこいいゴルフを見せてほしい……!?

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事