救急車蹴って逮捕…鬼束ちひろ「逮捕直前の絶叫と厳しい今後」 | FRIDAYデジタル

救急車蹴って逮捕…鬼束ちひろ「逮捕直前の絶叫と厳しい今後」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
薬物検査などのため警視庁渋谷署から都内の病院へ移送される鬼束容疑者

「触らないでよ!」

休日の夕方、都心の飲食店街に女性の絶叫が響く。黒っぽいレザージャケットを着た女性は、泥酔しているのか路上にうずくまったまま。駆けつけた救急隊員が話しかけると、手を払いのけ対応を拒んだーー。

11月28日、シンガーソングライターの鬼束ちひろ容疑者(41)が、器物破損の疑いで現行犯逮捕された。同日夕方4時半ごろ、東京・恵比寿の路上で救急車の後部ドアを1回蹴り、車体を凹ませたという。

「当時、鬼束容疑者は現場近くのパチンコ店に知人女性と一緒にいました。女性の体調が急に悪くなったため119番通報。その際、駆けつけた救急車を蹴ったそうです。警視庁渋谷署の調べに対し鬼束容疑者は、こう供述しています。『通行人にイヤ味を言われパニックになってしまった』と。破損した救急車の修理代は、鬼束容疑者が負担することになりそうです」(全国紙社会部記者)

オーラ漂う黒服

現場は、JR恵比寿駅から渋谷方面へ100mほどの場所にある繁華街。居酒屋やドラッグストア、スーパーが建ち並び、若者の姿が多い。近くの飲食店スタッフに話を聞いた。

「消防車やパトカーが来て、急に物々しい雰囲気になったんです。鬼束さんの姿は、以前からたまに見かけましたよ。パチンコ店の常連だったんじゃないかな。ミュージシャンのオーラ漂う、黒っぽい服を着ていることが多かったですね」

鬼束容疑者のパチンコ好きは有名な話。当該のパチンコ店店長に取材を申し込んだが、「お話しできないんですよ。申し訳ない」と丁寧に断られた。

鬼束は00年2月にデビュー。同年8月に発表し、ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)の主題歌となった2枚目シングル「月光」が約60万枚を売り上げる大ヒットに。01年12月の4枚目シングル「眩暈」では、日本レコード大賞作詩賞を受賞している。華やかな経歴の一方で、トラブルも絶えない。

「01年9月に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、『飼っていたハムスターがカタカタうるさかったのでベランダに放置したら熱射病で死んだ』と発言。動物虐待ではという批判が殺到し、当時の所属事務所が謝罪する騒動になったんです。10年8月には、同棲していた男性に暴力を振るわれ、顔面を骨折するなど全治1ヵ月の重症。過激なツイートで、炎上することもたびたびでした」(大手レコード会社社員)

恵比寿の路上で逮捕された鬼束容疑者。今回の事件で、今後の活動に出る支障は避けられないだろう。

「度重なるトラブルで彼女の印象はかなり悪くなりました。ファンが離れていかないか心配です」(同前)

自身の自叙伝的エッセー『月の破片』では、過去にパニック障害や自殺未遂を起こしたことを告白している鬼束容疑者。突発的な行動の代償は、かなり大きいようだ。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事