Snow Man目黒蓮 老舗映画館前で見せた「クール表情」 | FRIDAYデジタル

Snow Man目黒蓮 老舗映画館前で見せた「クール表情」

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

高田馬場 8時5分

ガードレールに腰かけ、人を待つシーンを撮影中の目黒。1時間ほどで撮影を終えると、次の現場へ

高田馬場(新宿区)にある老舗の映画館。11月中旬の朝、昭和レトロな雰囲気漂うこの映画館の前には、ガードレールに腰をかける青年の姿があった。『Snow Man』の目黒蓮(24)だ。

「目黒は、端正なルックスにスタイルの良さもあいまって、ジュニア時代から人気が高かったジャニーズタレントの一人。若手ジャニーズの中では演技派として知られ、今年の正月に放送された木村拓哉主演のドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)では、主要登場人物の一人を見事に演じ切りました」(芸能プロ関係者)

この日、目黒が臨んでいたのは、新作映画の撮影。手に持っているのは演劇のチラシ。誰かに待ちぼうけを食らわされているのか、チラシを手にガードレールに腰かけ、劇場の入り口を浮かない表情で眺めているシーンだった。

役になりきるためなのか、撮影の合間も、演技中と変わらずガードレールに座ったまま映画館のほうを見ていた目黒。哀愁を感じさせる横顔には、”未来の大物俳優”のオーラが漂っていた。

本誌未掲載カット Snow Man目黒蓮 映画の撮影中の目黒蓮を高田馬場で発見

『FRIDAY』2021年12月10日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事