”半グレ集団”『関東連合』元リーダーが亡くなっていた | FRIDAYデジタル

”半グレ集団”『関東連合』元リーダーが亡くなっていた

六本木クラブ襲撃事件の内幕を描いたベストセラーを生み出したが……

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
12年に起きた六本木クラブ襲撃事件で、現場に向かう関東連合のメンバーら

”半グレ集団”『関東連合』の元リーダー・柴田大輔氏が亡くなったことがわかった。複数の関係者が明かしたところによると、亡くなったのは11月28日だという。

「亡くなった当日、柴田さんの会社の関係者が、連絡が取れないことを心配して、柴田さんの自宅を訪れたことで発覚しました。柴田さんは精神安定剤を服用していて、衝動的に自分で自分の身体を刃物で切りつけたのでは、と聞いています。葬儀は親族の意向で都内で行われる予定だそうです」(柴田氏の知人)

柴田氏は東京生まれで、10代の頃から暴走族グループに所属。『関東連合』の一員として、見立真一容疑者(国外逃亡中)らとともに、その名を轟かせた。13年に「工藤明男」の名で『いびつな絆 関東連合の真実』(宝島社)を上梓。12年に起きた『六本木クラブ襲撃事件』の内幕や事件に至る関東連合の歴史などを描き、累計発行部数27万部を超えるベストセラーになった。

柴田氏は当時、本誌記者の取材にこう答えていた。

「(本を書いたことで)毎日のように『殺す』『ガラを取るぞ(拉致するぞ)』という脅しを受けています。ただ潜伏しているので、身の危険を感じたことはないですよ」

いまだ逃亡中の見立真一容疑者

柴田氏はその後、本名を明かし、執筆活動やメディアへの出演を行っていた。近年は事業家や投資家としても活動していたという。近況について知っている前出の知人が話す。

「本当に悲しくてやりきれません。悲痛な気持ちです。実はもうすぐクラブ襲撃事件によって収監されていたメンバーの一部が刑務所から出てくるのです。最近柴田さんはそのことでかなり悩んでいたようです」

来年で六本木クラブ襲撃事件から10年を迎える。柴田氏は何を考えていたのか。今となってはわからない――。

13年に本誌の取材を受けた際の柴田氏

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事