屋上で数時間殴る蹴る…歌舞伎町「男性暴行死事件」の深い闇 | FRIDAYデジタル

屋上で数時間殴る蹴る…歌舞伎町「男性暴行死事件」の深い闇

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
逮捕された関口容疑者。警察の調べに対し容疑を否認している

複数の少年を含む6人グループが、40代の男性を取り囲む。暴行は凄惨を極めた。数時間にわたり、寄ってたかって殴る蹴る……。男性は意識不明となり、搬送された病院で死亡が確認された――。

11月27日、日本最大の歓楽街、東京・歌舞伎町で殺害事件が起きた。現場は新宿区役所前にある、11階建ての雑居ビル。犯行グループは被害者の氏家彰さん(43)を屋上に連れ出し、激しい暴行を加えたのだ。

「防犯カメラには、朝8時前に6人グループに囲まれビルに入っていく氏家さんの姿が映っていました。午後3時前、近くのビルから女性が暴行を目撃し110番通報。スグに警察官が駆けつけ氏家さんは病院に運ばれましたが、約1時間後、死亡が確認されました。氏家さんの胸には大きなアザがあり、肋骨などが折れていたそうです」(全国紙社会部記者)

警察はビル近くにいた、関口寿喜容疑者(26)の身柄を確保。防犯カメラの映像解析や目撃情報から、18歳の少年二人を呼び出し、いずれも傷害致死容疑で逮捕した。

「関口容疑者は『知りません』と容疑を否認する一方で、氏家さんとトラブルになっていたと供述しているそうです。少年二人は『死んでしまうほど蹴ってはいない』と話しているとか。グループには、他に20代の男性と16歳の少年二人がいました。20代の男性が暴行に加わっていたとみて、警察が行方を追っています」(同前)

氏家さんは、「歌舞伎町卍會」という「平和テロリスト集団」を自称するグループで活動していた。『FRIDAY』(21年12月10日号)では、同集団について取材している。記事によると、歌舞伎町の治安維持のために活動。ホームレスなどに炊き出しを行い、「トー横キッズ」と呼ばれる少年少女たちの話し相手になっているという。

「『トー横キッズ』とは、歌舞伎町の『TOHOシネマズ』横の路上にたむろしている未成年者たちのことです。3年ほど前から、学校や家庭に居場所のない若者たちが自然に集まり始めました。家族や友人との対人関係がうまくいっていない家出した少年少女もいます」(歌舞伎町の飲食店スタッフ)

「トー横キッズ」のなかには、犯罪行為に走るものもいた。6月には少年が撮ったホームレスを暴行する動画がネットに拡散し、大炎上した。10月には、「トー横四天王」と呼ばれていた男が女子高生とわいせつ行為をし、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されている。

「氏家さんも彼らとかかわるうちに、なんらかのトラブルに巻き込まれたのでしょう。警察も手をこまねいてはいない。今年9月に路上にいた少年少女を一斉摘発しましたが、根本的な解決にはいたっていないんです」(前出・記者)

氏家さんはなぜ殺されたのか。真相の解明が待たれる。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事