道端アンジェリカ 裁判資料から明らかになった事件後の夫婦関係 | FRIDAYデジタル

道端アンジェリカ 裁判資料から明らかになった事件後の夫婦関係

「美人局疑惑」から約2年後の今年10月25日、元夫との離婚が成立した。裁判資料のなかには、離婚へと至る経緯がつまびらかに記されていた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アンジェリカは慰謝料を請求せず。元夫は音信不通で、離婚調停にも出席しなかったようだ(’19年12月撮影)

<ひどいことを言い、暴力を振るって私を支配してきた夫とは一刻も早く離婚をしたいです。

私の苦しみと子供たちの将来をご理解いただき、どうか夫と離婚させてください。お願いいたします>

モデルの道端アンジェリカ(35)は、裁判官に向けた陳述書の中で元夫・A氏との離婚についてそう訴えた。

「二人は’19年7月に知人男性に対しての恐喝容疑で逮捕、書類送検され、共に不起訴となっています。元夫のA氏が経営するBARの個室内で、アンジェリカと知人男性が体を密着させるようにして酒を飲んでいたという疑いを巡りトラブルとなり、8月にA氏が知人男性を脅し、35万円を指定口座に振り込ませた疑いです。恐喝の場にアンジェリカも同席していたことで共犯説が疑われていましたが、アンジェリカ本人は『夫に対する後ろめたさや夫の怒りに対する恐怖などから何もできなかった』と容疑を否定していました」(全国紙社会部記者)

離婚調停の口頭弁論が始まったのはそんな逮捕劇から約2年後となる今年9月のこと。裁判資料には別れに至る経緯、彼女自身の葛藤が克明に記されている。

<夫は令和元年10月3日に逮捕され、私は長男を連れて家を出ました。それからは代理人の弁護士に依頼して、その年の12月半ばころまで離婚の協議を夫に求めてきました。しかし、夫の親から離婚を思いとどまるよう説得されるばかりで離婚の話は進みませんでした>

また、事件後の二人の冷え切った関係をこう説明している。

<夫は事件前は長男に優しく接していましたが、浮気を疑うようになってからは長男の世話どころか、私が長男の世話をするのを邪魔するようになり、長男への愛情はなくなってしまったようです。二男の誕生は人づてやインターネットニュースなどで知っているはずですが、連絡すらありません>

A氏の逮捕後、一度は離婚を決意した彼女だったが、周囲の説得を受け、関係修復を試みようとしていたようだ。陳述書には、彼女の苦しい胸の内が明かされている。

<12月半ばころには夫は長男の父親であるし、夫の両親も離婚しないよう求めてきましたので、もう一度やり直そうと考えました。それまでは大体2週間に1回くらい会って話し合いをしましたが、やり直そうと考えてからは1週間に3回くらい会うようになりました。

会うのは大体夫のお店で1回数時間という感じでしたが、何回か長男を公園に一緒に連れていったこともありました。夫とよく会っていた令和元年12月半ばころから翌年の1月半ばまでの間に二男を妊娠しました。(中略)このように私は令和元年10月3日に夫と別居してからも一度はやり直そうとしました>

しかし関係は改善されず、離婚調停へと踏み切ったという。

<令和2年1月半ばころまでは夫婦関係を修復するための努力をしましたが、夫の態度が改まることはありませんでした。つまり遅くとも令和2年2月には私と夫の関係は修復できない状態になり、そのころから夫とはまともに話も出来なくなりました。調停の申し立てまで2月から少し間があるのはとにかく早く離婚するために勇気を出して協議離婚を求めに行ったためです。協議離婚が無理だとわかった後はすぐに弁護士にお願いして調停を申立てしました>

離婚調停の口頭弁論は今年9月から始まり、10月25日には離婚とアンジェリカの親権を認める判決が下った。陳述書の中でアンジェリカは母としての思いをこう明かしている。

<私は長男が生まれてからずっと最高の愛情を持って育てています。夫と別居してからはありがたいことに実家の母や仕事の関係者に助けてもらっていて長男は順調に成長しています。二男は生まれたばかりでとても手がかかりますが、色々な人に助けてもらって問題なく育てられています>

離婚を経て新たな人生をスタートさせたアンジェリカ。騒動のイメージを払拭することができるか。

  • 写真田中俊勝

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事