再び『M-1』決勝へ!『錦鯉』が語る「50歳で挑む夢舞台」 | FRIDAYデジタル

再び『M-1』決勝へ!『錦鯉』が語る「50歳で挑む夢舞台」

昨年「最年長ファイナリスト」として注目を浴びたベテランコンビが再びしゃべくりのテッペンへ挑む!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
意気込みを語る『錦鯉』の二人。左がボケの長谷川雅紀、右がツッコミの渡辺隆。ともに芸歴20年以上のベテランだ

昨年、最年長ファイナリストとして『M-1』決勝で大暴れしたお笑いコンビ『錦鯉』。ボケの長谷川雅紀(50)の身体を張った一発ギャグと、渡辺隆(43)の鋭いツッコミを武器に、今年も準決勝まで勝ち上がってきた。

テレビやラジオなどで長谷川は「優勝できなかったことが人生で一番悔しかった出来事」と何度も本音を漏らし、渡辺も「『M-1』は夢」と語る。今回で3年連続となる準決勝に挑む二人が、今の心境を語ってくれた。

長谷川「準決勝進出が決まった時は、率直に安心したよね」

渡辺「ホッとしたね。ただ、残れた以上はやっぱり優勝したい」

長谷川「今年は初戦から準々決勝まで楽しもうと思って、少ししか緊張しなかったんですよね。去年決勝に進出できて、僕たちのことを知ってくださっている人が、ちょっとでも増えたって考えられたこともあるのかな。普段の劇場でやってる感覚に近いというか」

渡辺「本当に? 俺も最初は緊張しないと思ったけど、全く変わらなかったぞ。初戦〜準々決勝までしっかり緊張した。準決勝も絶対緊張するんだろうなぁ」

長谷川は今年で50歳の大台に突入。渡辺も40代半ばに差し掛かる。そんな二人は、『M-1』においてある懸念があるという。それが満身創痍で挑む、身体への負担だ。

長谷川「11月、舞台でのネタの最中に腰を痛めて。僕は壇上を所狭しと駆け回ることが多いんですが、50歳になると腰への負担がバカにならないんですよね(笑)。マネージャーさんに紹介してもらって、今日は朝から整体に行ってだいぶ良くなりました」

渡辺「中腰になったり、動き回ったり、うちのネタは全部腰に負担がかかるからね」

長谷川「整体に行ったら『治療の参考にするので、痛めた原因を教えてください』って言われて。『ヌーに襲われそうになってのけぞって避けたら、その時に痛めちゃいました』って正直に伝えたら、ポカンとされたよ」

渡辺「なんでネタをそのまま説明するんだよ(笑)」

長谷川「それ以外にも僕は歯が8本ないので、滑舌が悪くて悪くて。『レーズンパン』と叫ぶ一発ギャグがあるんですけど、あるとき、なんかウケないなって思ってたら、なんと言ってるか伝わってなかったってこと、あったよね」

渡辺「一番近くにいる俺ですら『チャンポンメン』と聞き間違えたもんね。ただこの対策はもう考えてある。俺が雅紀さんのボケをオウム返しすることで、なんとかします。これは昨年の決勝戦で学びました」

長谷川「逆に隆はなんかないの?」

渡辺「左肩が上がらなくなって。四十肩ですかね。せめてツッコむ側の右肩じゃなくてよかった」

長谷川「ネタ中に腕が上がらなくなったら怖いもんね」

渡辺「その場合は、ちょっと雅紀さんにしゃがんでもらい、サイドスロー気味に叩くスタイルに変更します」

長谷川「これからは舞台に上がる前にちゃんとストレッチしないとね」

渡辺「舞台の前に準備体操って。そんなヤツらが漫才するなって思いますよね(笑)」

準決勝を数日後に控えるが、インタビュー中は笑顔が絶えなかった

今年はネタ番組を中心にさまざまなテレビに引っ張りダコ。さらに11月には初の自伝本も発売するなど、今まさに勢いに乗る二人。長谷川は長年続けてきたバイト生活も卒業し、お笑いに専念。さらに芸のために、ある大きな決断をしたという。

長谷川「人生で初めてテレビを買いました。しかも40インチ。一人暮らしを始めてからずっとテレビは貰い物ばかりだったので。しかも全番組を自動録画できるレコーダーもセットです。やっぱり自分の出たテレビ番組とか見て研究したりとか。あとは他のネタ番組なんかもなるべく観た方がいいと思って。合わせて18万円くらいしましたよ」

渡辺「僕は今年の夏前に3万円のママチャリを買いました。散歩用です」

長谷川「なんでだよ!(笑)」

渡辺「あと雅紀さんは、太ったよね。仕事が増えて、やっと毎日、しっかりご飯が食べられるようになったから」

長谷川「そうだね。1年で10キロ太りました。ただ、そのせいでスーツが壊れちゃって、今年だけで2回、買い替えましたよ」

渡辺「マジでそれまで、食べられなくて痩せてたもんね」

長谷川「体重が、人生で初めて80キロを超えました。歳はとったけど、食事とか生活面のコンディションは、今は一番いいですね」

最後に改めて、『M-1』への意気込みを聞いた。

長谷川「2015年に初めて『M-1』の準々決勝に進出できた時から言い続けていますが、やっぱり優勝したい。特に去年の決勝は4位。優勝に手が届くところまで来たという実感もありますし、狙っていきたい」

渡辺「去年、『マヂカルラブリー』の優勝を、同じ現場で、後ろから目の当たりにして、本当に悔しかったです。今年こそ、僕らが優勝します。そのためにもまず準決勝、しっかり戦ってきたいと思います」

しゃべくりのテッペンへ、ベテランコンビの挑戦は続く。

  • 写真結束武郎

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事