小室圭&眞子夫妻のNYへ母・佳代さんが行きたくとも行けない事情 | FRIDAYデジタル

小室圭&眞子夫妻のNYへ母・佳代さんが行きたくとも行けない事情

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
小室眞子、圭夫妻の住むニューヨークへ、なかなか向かうことの出来ない母・佳代さんだが…

ご結婚後、11月14日にアメリカへ旅立った小室眞子さんと圭さんご夫妻。現地ニューヨークは日本より物価が高いことで知られているが、それでも共用部分にはヨガスタジオ、映写室、図書室、ビリヤードルーム、ゴルフシミュレーターなどを備えるラグジュアリーなタワーマンションで新婚生活を満喫されているようだ。

「家賃は約4800ドル(約55万円)の1ベッドルーム(1LDK)の賃貸アパートだと報じられました。ですが、圭さんはニューヨーク州の司法試験に不合格だった。次回は2月に受験することになりますが、それまでは就職先の法律事務所で法務事務員として働くことに。

年収は弁護士と同等の2000万円ほどが保証されていると言われています。でも、次の試験に落ちたならば、この収入は大きく減らされるか、最悪の場合はクビもあり得るでしょう」(全国紙記者)

家賃だけでも年660万円ほどかかる。それ以外の生活費などを考えたら、何としても年収2000万円を超える安定収入を手にしたいだろう。

「圭さんとしては、いち早く母である佳代さんをニューヨークへ呼び寄せたいと思っているはずです。そして、佳代さんも、それは同じ気持ちでしょう。ですが、今は司法試験に合格することが最優先。何より、収入が安定しない限り、母親を呼び寄せることは難しいでしょう」(皇室ジャーナリスト)

圭さんの収入問題以上に、佳代さんが渡米できない事情がある。それは、自身の父親のことだ。

「佳代さんは80歳を超えるお父様と2人暮らしだと思いますよ。お父様の手を取って、通院する姿を何度か目撃したこともあります」(近隣住民)

80歳を超えた実父を連れてのアメリカ生活は現実的ではないだろう。ましてや、皆保険制度は無く、医療費が日本と比べ莫大にかかってしまう。

「眞子さまはシングルマザーで圭さんを育て上げた佳代さんを心から尊敬しているそうです。そのことに佳代さんは自信を持っているようで、周囲にも『紀子さまよりも私の方が好き』と話しているとか。最近も毎日のように“嫁姑”同士でテレビ電話を楽しんでいると女性セブンが報じたほど、仲がいいようです。

元婚約者との金銭問題を“解決金”を支払うことでひと段落付けた以上、圭さんも眞子さんも、1日も早く佳代さんと一緒に住みたいのでしょうが、なかなか思い通りに出来ない状況に、やきもきしているようです」(女性誌記者)

小室夫妻が望むニューヨークでの“母との同居生活”は、まだまだ先になりそうだ…。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事