木村、堺、ムロ、新庄…40代男性有名人「貫禄の私服センス」! | FRIDAYデジタル

木村、堺、ムロ、新庄…40代男性有名人「貫禄の私服センス」!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

今ノリに乗ってる101人のプライベートファッションに大接近 

有名人のオフシーン画像を選りすぐり、私服コーデを深掘りチェックする好評企画。今回は飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する40代の男性芸能人に限定し、おしゃれセンスを勝手に評価させていただきます。

(撮影:足立百合〈左〉、等々力純生〈中〉、堀田咲〈右〉)

トップバッターは毎度おなじみのキムタク様(49)。こちらは今夏、イタリアでの海外ドラマ撮影を終えて帰国した際のショット。

木村拓哉の貫禄漂うプライベート

服だけでなく、バッグや靴、サングラス、マスクまでモノトーンで統一してスタイリッシュに(撮影:高橋哲也)

カジュアルなボーダーTに黒いパンツやレザーシューズを合わせた、クールなモノトーンコーデだ。妻や娘との愛犬散歩で見るラフな格好とは違い、ぐっとよそ行き感のある着こなしに大人の貫禄を感じる。TPOに合わせたファッションということなのでしょうね。

草彅剛の小物使いまで手を抜かない完璧コーデ

この着こなしに合わせていた靴が気になるが…(撮影:等々力純生)

続いては今夏、都内の庶民派スーパーでキャッチされた草彅さん(47)。画像からは判別しづらいけれど、過去にベストジーニスト殿堂入りを果たしている彼だけに、ジャケットもパンツもデニムであろうと推測。そこにキャップ、ストール、ベルトで自分なりの味つけを施した、完璧にスキのない着こなし。猛暑にもかかわらず、この装いはさすがです。

小籔千豊は明るい色使いでチャーミングに 

グリーン×淡いブルー×ピンクの組み合わせに視線も釘づけ

芸人としてだけでなく、ミュージシャンや俳優としても大活躍。おしゃれに強いこだわりを持つ小籔さん(48)の着こなしは、鮮やかなグリーン地の柄ブルゾンに淡いブルーのゆるデニム、足元はピンクのスニーカー。長身を生かした絶妙なバランスもさることながら、カラーリングもすごくポップでチャーミング。見ているだけで自然と明るい気持ちに。つい黒やグレーなどに頼りがちな自分のファッションを、思わず反省してしまいました。

滝藤賢一のオリジナリティあふれる古着風の装い

そこらのオジさんだったら、ちょっとヤバい感じに見られそうな柄シャツを、完全に自分のモノにしている(撮影:足立百合)

おしゃれ好きとして知られ、“俳優界一の服バカ”という異名まで持つ滝藤さん(45)。誰とも被らない独自のセンスが光る、どこかヴィンテージムード漂う装いが印象的だ。この日も古着ライクな柄シャツとカーゴパンツに、ハットやサングラス、ビーサンなどをプラスした、個性あふれるクセありファッション。役者というより、まるでミュージシャンかアーティストのようないでたちが目を引く。

東京03・角田晃広は人柄通りの地味カジュアルで

「地味すぎる…」とスルーしそうになったけど…(撮影:足立百合)

『キングオブコント』の2代目キング”東京03”のメンバーであり、今やその高い演技力でドラマやCMにも引っ張りだこ。そんな角田さん(47)のプライベートファッションは、ご覧の通り超シンプル&ベーシック。無地のTシャツとややテーパードしたデニムに、黒いバックパックとスニーカー。「地味すぎる…」とスルーしそうになったところで、VANSのスニーカーが目にとまった。もしかしてストリート系のファッションがお好きだったりするのかも?

黒・黒・黒…芸能人はやっぱり黒が好き!? 堺雅人、長谷川博己、大泉洋 

街や人並みにすんなり溶け込み、正体を無理なくカモフラージュできる黒。過去記事でも考察したが、やっぱり芸能人の黒着用率は群を抜いて高い。今をときめく40代の俳優たちもご多分にもれずなワケで。

昨年3月、大ヒットドラマ『半沢直樹』ロケ終わりの堺雅人(48)は、全身黒ずくめのラフな着こなし。結婚後、センスのよさに定評がある妻の影響で、私服がおしゃれになったともっぱらの評判(撮影:堀田咲)
ドラマにMCに大活躍中の大泉洋(48)。今年7月、都内の有名パン店に立ち寄った際の装いは、半袖シャツからパンツ、キャップ、スニーカーまでオールブラックで統一(撮影:足立百合)
大河ドラマ撮影時、幾度となく私服姿をキャッチされていた長谷川博己(44)。いつも決まってゆったりとしたダークトーンのアイテムに身を包んでいたのが印象的(撮影:立原笑美)

暑い夏の超ラフコーデに親近感倍増!? ムロツヨシ、ピース・又吉

かなり季節はずれだが、どうしても外せなかったこのおふたり。一般人となんら変わらない、いや、もしかしたらそれ以上にラフな格好なのに、どこかシャレて見えるのはなぜだろう。髪型やメガネも個性的ではあるけれど、やはり愛すべきキャラや存在感の成せるワザ?

コメディからシリアスまで、幅広い演技力で注目を集めるムロツヨシ(45)。とある夏の日のファッションはルーズなTシャツ+デニムと超カジュアル。足元のビーサンもいい感じ(撮影:島颯太)
芥川賞作家であり、お笑いコンビ“ピース”の又吉直樹(41)のオフシーンに遭遇したのは今年の9月。ゆるTとパンツに、バックパック、ビーサンを合わせたワンマイルコーデ(撮影:齋藤雅昭)

“ビッグボス”新庄剛志のおしゃれも見逃せない!

(写真:共同通信)

40代男性タレントのファッションチェック、トリを飾るのは日ハムの新監督”ビッグボス”こと新庄剛志(49)さん。芸能人じゃないけど、今後のご活躍に大いなる期待を込めて。

こちらは秋季キャンプ視察のために沖縄入りした際の空港ファッション。思わず「ヴィジュアル系かよっ!」とツッコミたくなるコーディネートだが、どうやらホントに、その界隈では著名なブランドものらしく。センスの良し悪しや、似合うor似合わないは置いといて、こうして度々私たちの目を楽しませてくれるサービス精神には頭が下がります。ビッグボスのおしゃれについては、これからも粘り強く観察し続けたいと思います。

40代男性芸能人のバラエティ豊富な私服スナップ、楽しんでいただけましたでしょうか?毎回のようにいってるけど、写真を並べてじっくり観察すると、興味深い発見があるもの。芸能人の皆さんは私服でもファンをワクワクさせてくれるのだ。

  • SK

Photo Gallery12

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事