今の検疫でオミクロン株は防げない!医師が指摘する根本的な間違い | FRIDAYデジタル

今の検疫でオミクロン株は防げない!医師が指摘する根本的な間違い

オミクロン株上陸直前に米国出張から羽田空港に帰国した加藤久美子氏の実体験レポート

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
帰国翌日から始まる「監視アプリ」による監視。あらかじめ待機場所の登録(現在地報告)を義務付けられ、食料を買いにコンビニに出かけるなどして待機場所から離れると「誓約書違反」の警告が来る(撮影:加藤博人)

オミクロン株上陸のわずか5日前に帰国…

筆者は10月27日に羽田空港を発ち、シアトル経由でロサンゼルスに向かった。
ロサンゼルス(LA)やラスベガスで自動車関係の取材をして、ニューヨークを経由してLA→(ミネアポリス→デトロイト)→羽田という経路で11月25日に帰国した。

日本への帰国に際して必要な書類や検査について、そして羽田空港についてからどのような手順を踏んで入国が許されるのか?入国してから14日間の待機期間、アプリで監視される日々までをつづってみたい。

まず、アメリカから日本に帰国する際に必要なものは以下
1.自治体発行のワクチン接種証明(原則日本国内で取得)
2.アメリカ出国前72時間に受けた検査による陰性証明書(特定の書式あり)
3.誓約書(帰りの飛行機内で渡される)

このうち、アメリカ国内で取得するものは2番の陰性証明書だが、これは出国2日前にニューヨークで取得した。検査費用は175ドル。結果は翌朝メールで届いた。

そしてロサンゼルス空港のデルタ航空カウンターで搭乗手続きをする際に諸々の確認を行った。日本に向かう飛行機の中では乗ってすぐ、税関申告書と誓約書を渡された。誓約書には非常にたくさんの誓約項目が書かれており、14日間の待機場所(自宅や自分で予約したホテルなど)や移動に公共交通機関を使わないこと、MY SOSといういわゆる「行動監視アプリ」で毎日連絡に応じること(1日2-3回の位置確認と1日1回のビデオ通話)などを誓約させられて、法定代理人などの記入もあった。

アメリカへ向かう際の飛行機も空いていたが、帰りの飛行機はもっと空いていた。エコノミーながらホントに快適な旅ができた。が!そんな快適な空の旅も羽田空港に到着し飛行機を降りた瞬間から、一気に「物々しい」雰囲気に変わった。もちろん、覚悟はしていたわけだが…。

到着→検査場→書類審査

飛行機を降りてすぐに、「COVID-19 TESTING」の貼り紙が目に飛び込んできて空港職員によって検査場へ案内された。強制的な検査なのでもちろん費用は掛からない。飛行機から降りた乗客全員がまずはここでCOVID-19の検査を受ける。

下りたところにトイレがあるのでここで行くのがベスト。この先検査場までは何か所かトイレがあるがすべて黄色いテープで封鎖されて使用禁止になっている。飛行機を降りて検査場までは結構長い距離を歩くのでトイレは下りてすぐ行くべし。

検査場までは通常の進路とは逆方向を歩いていく。つまり「動く歩道」は止まっていて使えない。私が検査場に向かおうとしたとき、検査が終わった外国人男性3名が止まっている「動く歩道」を、通常の進行方向とは反対方向に歩き、検査結果を待つ場所へ移動する姿を見かけた。オミクロン株の空気感染の可能性がゼロとは言えないため、感染リスクが高まってしまう状況といえる。

入国のための手続きはまず「書類審査」から行われる。パスポートと共に、誓約書の内容、アメリカで受けたPCR検査の陰性証明書、および日本で取得したワクチン2回接種完了の証明書などを確認する。

成田では隔離場所に移動するまで約11時間かかった例も

OKが出れば、次はいよいよCOVID-19の検査となる。検査場に入るとすぐに唾液採取キットを渡される。検査は昨年7月から時間がかかるPCR検査から、結果が早く出る抗原定量検査に変更されている。飛行機を降りたばかりで口の中は乾燥しているし、なかなか唾液が集まらず…。何度かやってようやくOKが出た。唾液が出ないからといって水分摂取は厳禁なので、どうしても唾液が集められない場合は鼻の粘膜を採取することになるが、これは検査の結果時間が少し長くなる。

唾液採取が終わると、次は別名「監視アプリ」と言われる「MySOS」のインストールと使い方の説明を受ける。14日間の待機中は基本、このアプリで現在位置や待機場所にいるかどうかの遠隔監視が行われる。そのため、スマホは全員必須だ。スマホを持っていない人またはスマホ有でもMySOSアプリが使えない場合などは強制的に14日間15000円でスマホをレンタルしなくてはならない。制限区域内でレンタルできる業者は一社に限られているので安い業者を探す、なんてことも現実として不可能だ。

高齢の家族やスマホを持っていない子どもの場合は昔使っていたiPhoneなどの端末を用意しておくと良いだろう。なお、スマホじゃなくても、アプリが動作するならばiPadなどのタブレットでも可能である(ただし、実際は常に持ち歩くかそばに置いておく必要があるので小さい方がベター)。アプリの設定が終わったら誓約書を回収し、検査結果の発表場所まで移動する。

検査結果の発表までは約30~40分程度待った。無事、陰性の結果を得てやっと本来の「入国審査」に移動する。先ほど歩いてきた通路を今度は動く歩道に乗って入国審査と預けた手荷物受け取りの場所に向かう。陰性の結果にホッとしながら入国審査に向かったが入国審査官が明るくにこやかに迎えてくれたので少し救われた気持ちになった。

飛行機をおりてすべての手続きが終わるまで約2時間。実際、他の方々の話を聞くと、3-4時間かかったという人もいれば半日かかったという人も。最近、成田空港に到着した人の中には、検査が終わるまで8時間滞在し、隔離場所に到着するまで11時間近くかかってしまった例もある。

厚労省が毎日公表している『入国時の誓約に違反した事例』。「14日間一度も連絡がなかった人」の氏名(ローマ字表記)や出発国、年代、行動履歴などを7日間掲載している。

医師が指摘する問題点

監視アプリによる監視はいつどのように始まるのか?実は帰国当日は待機期間に含まれないので、14日間の始まりは帰国翌日となる。1日2-3回の現在地報告(待機場所として登録した場所にちゃんといるかどうか)と1日1回のビデオ通話(自宅やホテルなどの室内にいるかどうか。位置情報含む)となる。現在地報告で登録した待機場所から離れていると、「誓約書違反」として警告が来る

ところで、実際のところ、待機場所から離れていたり、ビデオ通話に対応しなかったり、保健所等から位置情報の提示を求められた場合に対応しないと言った場合、どのような「ペナルティ」が課せられるのか?

これは日本人と外国人(在留資格あり)では対応が異なっており、

(1)日本人については、氏名や感染拡大の防止に資する情報が公表され得ることとする。
(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大の防止に資する情報が公表され得ることとするとともに、出入国管理及び難民認定法の規定に基づく在留資格取消手続及び退去強制手続の対象となり得るものとする。

厚労省では毎日、『入国時の誓約に違反した事例について』として、違反者の氏名(ローマ字表記)や出発国、年代、行動履歴などを公表しているが、対象になるのは「14日間一度も連絡がなかった人」だけである。

一連の水際対策はどの程度、感染拡大防止に効果があるのか?オミクロン株の日本国内蔓延を阻止することはできるのだろうか?

医療ガバナンス研究会所長の上昌広医師は以下にコメントした。

「この方法では、オミクロン株の国内への侵入は防げません。それは厚労省が検疫にPCR検査でなく、抗原検査を利用しているからです。厚労省は、その理由について「最新の定量型抗原検査を用いれば、たとえ無症状感染者であっても、PCR検査と感度は変わらない」と説明してきました。

これは医学的には間違いです。厚労省や国立感染症研究所などが編集した『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針』には『感度も簡易な核酸検出検査と同レベル』とあります。国立感染症研究所が発行する『病原微生物検出情報(IASR)』の2021年6月号には、神戸市健康科学研究所などの研究チームの論文が掲載され、『抗原定量法ではおおむね500 copyが検出限界』というデータを提示し、『ウイルス保有量が少ない患者を見逃す可能性に留意』と論じています。

見落としがあってはならないオミクロン株の検疫に抗原検査が相応しくないのは明らかです。検査に用いるべきは、サーモフィッシャー社などのPCRキットです。このキットは、S蛋白以外に複数の標的遺伝子を増幅します。一回のPCRでオミクロン株の有無を検出できます。英国では、このようなPCRを用い、11月末からオミクロン株が国内で増加していることがわかりました。日本も習うべきですね」

筆者が羽田空港で受けた抗原定量検査は昨年7月から「結果が早く出る」という理由で、日本政府が空港検疫に用いているが、上昌広医師の話ではオミクロン株の検出は困難。また、空港検疫は強制隔離対象国や、その対象外となっているアメリカからの入国者も、全員同じ場所で検疫を受ける。検疫体制や手順全般が原因で、オミクロン株に感染する可能性はあるのだろうか。

「可能性はあります。オミクロン株は感染力が強いと言われていて、東京五輪でも採用された移動、行動制限を厳しくする『バブル方式』で行われている、と聞いていますが、実情はたくさんの人が会える状況ですし、それ以外の場所でも多くの人に接触しています。現行の検疫体制におけるバブル方式は机上の空論であり、実効性がないんです」

さて筆者の待機期間はあと数日で終了する。本来は14日間だが、ワクチン2回接種者は10日目に任意の場所で検査(自費)を受けて陰性であると、アプリで結果を提出し認可を受けると10日目の23時59分で待機期間終了となる。

水際対策は頻繁に変更されるため帰国の際には滞在国に関する最新の情報をしっかり確認して欲しい。そしてその変更は、オミクロン株侵入を最小限にとどめるためのものであってほしい。

アメリカ出国72時間前に受けた検査の陰性証明書。夜7時頃受けて翌朝に結果がメールで届いた。日本入国で使える陰性証明書の書式は厳格に決められている
  • 取材・文加藤久美子撮影加藤博人

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事