秋篠宮さまが会見で滲ませた「小室圭さんへの複雑な想い」 | FRIDAYデジタル

秋篠宮さまが会見で滲ませた「小室圭さんへの複雑な想い」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

11月30日に56歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さま。これに際して開かれた会見はおよそ60分間にわたり、その多くの時間が「眞子さんの結婚」についての言及に割かれた。誕生日から1週間が経過し、聞こえてきた秋篠宮さまのお気持ちとはーー。

56歳の誕生日を前に記者会見される秋篠宮さま(共同フォト)

「小室圭さんのことを『夫の方』『娘の夫』と呼ばれるなど、小室家とはできるだけ距離を取りたいという気持ちと、大きな不信感とを隠されていないという印象を持ちました。結婚はしたけれど他人というか、圭さんや佳代さんの顔はできるだけ見たくないというのが偽らざる心境ではないでしょうか」(宮内庁関係者)

そういった小室家へのアレルギーのような反応は、「結婚にあたって普通であれば行われている三つの行事」が行われなかったことにもつながっているという。

「秋篠宮さまは、『本来であればそれは行うのが適当』だが、『私の判断で行わなかった』と述べられ、さらにその文言を繰り返されたのが印象的でした。宮内庁内部でも『儀式ゼロは異常だった』と今になってもあらためて指摘されています」(同前)

その理由として秋篠宮さまは、「多くの人が納得し、喜んでくれる状態」にないこと、「(金銭)トラブルというのがまだ解決はしていなかったということ」、そして今年春に出されたいわゆる「小室文書」が、「あれを読んでみんながすぐに状況を整理して納得できるというものではないと私は判断しました」などと挙げられている。

「秋篠宮さまは、佳代さんと元婚約者との間の金銭トラブルを早急に解決することを望んでおられた。宮内庁側は圭さんの説明に期待して儀式を行う可能性についてギリギリまで模索してきた。そんな中で出された小室文書は、望まれた時期よりかなり遅れたうえに、国民の反発をモロに受けてしまい、秋篠宮さまは心底落胆されたと言います。眞子さんの結婚を認めるのは仕方がないが、相手として圭さんはふさわしくないという思いでいらっしゃるように映りました」(秋篠宮家の事情を知る関係者)

加えて秋篠宮さまは、10月26日に婚姻届を出した後の小室夫妻の会見について「一方向のものではなくて双方向であるべきだった」とし、「小室文書」についても、「自分の口からそのことについて話をして、そして質問にも答える、そういう機会があった方が良かった」と述べられた。

「情報発信が常に一方向だったことに、不満のマグマのようなものをためられていたようです。NY渡航直前になってようやく、佳代さんの元婚約者に解決金を支払って金銭トラブルが片付いたことについても、取ってつけたような印象を持たれかねず、宮内庁内で『逃走婚』と言われてきた通りになってしまった。“そのような振る舞いは避けてもらいたかった”というのがご本心のようです」(同前)

その一方で秋篠宮さまは、「(眞子さんが公より私を)優先させているということになれば、10年経っても20年経っても結婚はできないということになるかと思います」とおっしゃっている。

「この部分は気になりましたね。秋篠宮さまは眞子さん、そして佳子さまには『2人は結婚してこの家を出て行くことになるんだよ』と言い聞かせて育ててこられました。あくまで想像するほかありませんが、私人として幸せを追求する権利があるのだとか、ご自身がそういった教育をしてきたという思いを込められたかったのかなとも感じました。

秋篠宮さまと眞子さんは最後の最後までお考えの対立を埋めることが叶わなかったようです。和解には至らなかった。そして今はとにかく、佳子さまと悠仁さまを守りたいと考えておられるとのことです」(同前)

秋篠宮さまの苦悩は想像以上に深いものだった。

  • 写真共同フォト

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事