過激サービスの北朝鮮レストラン 女性スタッフへ「驚きの義務」 | FRIDAYデジタル

過激サービスの北朝鮮レストラン 女性スタッフへ「驚きの義務」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
『FRIDAY』が独自入手した中国東部の北朝鮮レストラン店内画像。女性スタッフがステージで踊りを披露。16年に撮影

美しい女性スタッフが多く働く北朝鮮の国外レストランが、苦境のどん底にある。

「最盛期には中国をはじめ、ロシアやタイ、マレーシア、オランダなど、北朝鮮レストランは全世界に130店舗ほどありました。しかし近年は、新型コロナウイルスのため客が激減。経済制裁の影響もあり、多くが閉店に追い込まれてしまったんです」(韓国紙記者)

北朝鮮にとって国外レストランは、外貨獲得のための重要な拠点。各店舗の収入が減っても、当局は多額な上納金を要求している。

「なんとか客を呼び込み収入を回復させようと、各店舗は必死になっています。中には、女性スタッフに『不適切な接客』をさせている店もあるんです」(同前)

過剰なサービスが明らかになったのは、今年6月。米国のメディア『ラジオ・フリー・アジア』が、中国東北部・丹東にある「平壌高麗飯店」でのトラブルを報じたのだ。朝鮮半島情勢に詳しい『デイリーNKジャパン』編集長・高英起氏が語る。

「当日、店内の個室では、馴染みの中国人男性が食事を楽しんでいました。彼が驚愕したのは、食事が終わりそうになった時のこと。20代の女性店員が、突然ヒザの上に座ったんです。彼女がヒザの上でマイクを持ち得意の歌をうたっていると、男性客は急に倒れてしまいました。なんらかの発作を起こしたのかもしれませんが、ヒザの上での接客行為に驚いたのかもしれません。

『平壌高麗飯店』では、以前から客を個室へ招き女性スタッフに過度な接触をさせていたようです。経営者や幹部も見て見ぬふり。当時、丹東では夜9時までの時短営業を求められていましたが、同店は深夜2~3時まで営業を続けていたといわれます」

個室で客に……

北朝鮮レストランでは、従業員と客の身体的接触は禁じられている。以前は「健全な飲食店」だった。だがコロナ禍の苦境で、やむにやまれず一線を越えてしまったのかもしれない。

前出の『ラジオ・フリー・アジア』は11月30日、丹東の別のレストランについて新たな情報を伝えている。高氏が続ける。

「女性スタッフに、ある義務を課しているそうです。マスクをするなと。支配人は『顔を見せるから客を呼べるんだ』と説明しているとか。女性スタッフは、マスクをせずにダンスや楽器演奏を披露。客からチップを受けとっているといわれます。

アフリカ南部で見つかったコロナの変異株(オミクロン株)が、再び世界の脅威となりそうな時期です。人と人との距離が近い空間で、マスクをつけずに公演する女性たちがコロナに感染しないか心配になります」

『ラジオ・フリー・アジア』によると、マスクなしでの公演は、レストランホールのみならず少人数用の個室でも行われているという。

「北朝鮮は国境を封鎖するなど、世界で最も厳しいコロナ対策をしている国のひとつです。違反者は、処刑されることもあります。

ただ、徹底した措置を行っているのは国内だけ。海外で働く同胞には、『マスクなしでの接客』を強いているんです。指導者の金正恩氏にとって重要なのは外貨獲得であり、国民の生命は二の次なのでしょう」(前出・高氏)

国内外で、まったく逆のコロナ対応。人々の身を危険にさらすダブルスタンダードが、北朝鮮の矛盾を象徴している。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事