木下優樹菜「一肌脱いだ」ユーチューブも再生回数は急降下で苦戦中 | FRIDAYデジタル

木下優樹菜「一肌脱いだ」ユーチューブも再生回数は急降下で苦戦中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
インスタだけでなく、YouTubeにも参戦した木下優樹菜。だが、再生回数は苦戦しているようで…

活動再開を宣言した木下優樹菜のユーチューブチャンネルが思ったように振るわないようだ。木下は10月28日に初めてユーチューブへ動画を投稿。白いシャツを着て涙ながらにいわゆる“タピオカ恫喝騒動”を謝罪した。

2つ目の動画からは一転「チョリーッス!!」とテンション高めに挨拶し一般ユーザーからの質問に答えていくものだった。

最近ではマイクの近くでささやき“マインドフルネス”と称した動画を投稿。その後はファッションに特化し、ZARAやユニクロで着回しテクニックを紹介している。

しかし投稿すればするほど再生回数は尻すぼみとなっている。

謝罪動画から数えていくと463万回→199万回→49万回→16万回→14万回→2.4万回(すべて5日時点)とジェットコースター並みの急降下だ。

動画のコメント欄も

《こんな心地よくないマインドフルネスは初めてだ》
《このメンタルの強さはすごい》

と、ほとんど批判的なものだ。

「ユーチューブはインスタと比べてコメントが非常に厳しいものが多いんです。インスタは53万人のフォロワーがいますがユーチューブは4.4万人程度。

そもそも元所属事務所が管理していたインスタは500万人のフォロワーがいたんです。ユーチューブの再生回数を見てもあのファンはどこにいったのか不思議で仕方ありません」(ITジャーナリスト)

さらにZARAとユニクロの着回し動画のサムネイルにはメーカーのブランドロゴも表示されており、企業案件の動画なのかと思わせたが、どこにもPRの記載はない。そもそも木下はタピオカ騒動を起こしたことで、事務所所属時代にモデルを務めていた化粧品会社が、木下や元所属事務所と広告会社を相手取って、約3億円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

これが仮にPR案件なのであれば“ステマ”となるが、ZARAとユニクロという競合他社が立て続けに木下に案件を依頼する可能性は低い。つまり、木下側の意向で動画を撮影したと考えられる。コメント欄にも木下がアピールすることに対し“ユニクロが気の毒で仕方ない”という書き込みもある。

「普段ユニクロやZARAをどのくらい着ているのかは不明ですが、ユーチューブの伸びが芳しくないので、大衆ウケするファストファッションの動画を企画したのでしょう。しかも着替える場面もカットせずキャミソールやボクサーパンツのような下着姿を露わにして“お色気作戦”をやっているようにも見えます。ただ、現状は“一肌脱いでも”再生回数は下がる一方ですね」(スポーツ紙記者)

数万回の再生は、普通のユーチューブ動画であれば相当な再生数だが、彼女の場合、知名度や注目度を考えれば、やはり物寂しいものがある。そのうち打開策としてサッカー選手の彼氏やタレント時代の知り合い、あるいは元夫とコラボする日が来るのかもしれない――!?

 

  • PHOTO西 圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事