『レコ大』司会に決まった吉岡里帆「圧倒的な魅力」の秘密 | FRIDAYデジタル

『レコ大』司会に決まった吉岡里帆「圧倒的な魅力」の秘密

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
写真集のお渡し会には男性だけでなく女性客も数多く来場していた。18年7月撮影

12月30日に行われる年末恒例『第63回 輝く!日本レコード大賞』の司会を、2年連続で女優の吉岡里帆(28)が務めることが決まった。吉岡は、太平洋戦争末期の沖縄県知事・島田叡と県警部長の荒井退造の生き様を描いた映画『島守の塔』(22年公開)にも出演。島田知事の側近という重要な役を演じている。

司会、女優、グラビアアイドルと、多彩な才能を発揮している吉岡。その魅力の秘密はどこにあるのか。

彼女の人気の高さがうかがい知れたのが、18年7月に東京・新宿で行われた写真集のイベント。会場には1000人ものファンが集まったのだ。赤いワンピース姿で現れた吉岡は、それでも疲れた表情ひとつ見せなかった。

「吉岡さんは苦労人です。映像会社のカメラマンだったお父さんの影響から、高校時代に独学で芝居を開始。大学時代には、京都の実家と東京のレッスン場を日々往復していました。見た目だけでなく、演技力でも勝負できる女優ですよ」(芸能プロダクション関係者)

出待ちのファンにも圧倒的な笑顔

人気急上昇中なだけあって男性ファンが殺到。物々しい雰囲気の中、立ち去った。18年8月撮影

18年8月の夜、吉岡の姿は東京・有楽町のイベントホールにあった。ヒロインを務めた、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の舞台挨拶のためだ。

夜8時半、楽屋口から出てきた吉岡は、興奮する出待ちのファンに笑顔を向けながら送迎車に乗り込んだ。

「10代の頃から小劇場で活動してきた吉岡は苦労時代が長かった。そのためファンをとても大切にしているんです。映画では、シンガーとしての実力の高さもわかります」(テレビ誌ライター)

オールマイティな活躍を見せる吉岡。22年も、彼女の快進撃は止まりそうにない。

映画で共演した阿部サダヲと撮影の合間に。17年11月撮影
17年7月に行われたボディーソープの新商品発表会で
19年2月に行われた「日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式で
「エーチーム」社長・小笠原明男氏の葬儀で涙
人気急上昇中なだけあって男性ファンが殺到。物々しい雰囲気の中、立ち去った。18年8月撮影
18年2月に行われた「エランドール賞」授賞式で
  • 撮影川上孝夫 島 颯太 中村和彦 西 圭介 蓮尾真司写真つのだよしお/アフロ アフロ

Photo Gallery8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事