山本KID徳郁の「お別れ会」 試合観戦に行く服装がドレスコード

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
遺影の周りを彩った花祭壇のコンセプトは「エネルギー」「力強さ」「生命力」

「弟は本当に最後の最後まで強かった。痛いとか苦しいとか弱音は吐かず、辛いのに自分が手本を示したキックの動画を送ってくれたりした。『お前はまだキック、パンチができていないからちゃんとやれよ』って。病室で姉弟喧嘩して普通に怒られていました」

KIDさんの姉、山本美憂さん(44)は気丈に振る舞いながら話す。9月に胃がんで亡くなった格闘家の山本KID徳郁(のりふみ)さん(享年41)のお別れ会が11月4日、青山葬儀所で営まれた。会の途中では、KIDさんの入場曲やラップが流れ、外には生前好きだったスーパーカーが30台並ぶなど、参列者たちのド肝を抜くような演出でファンを楽しませた。なにより、参列者には「試合観戦、応援に行くような服装で」と異例のドレスコードが指定され、親族をはじめとしたスタッフ一同が、メモリアルTシャツ姿で参列者を迎えた。

会場には武蔵、魔裟斗、須藤元気らKIDさんと同年代のファイターから、那須川天心など若手に至るまで、格闘技のファイターとファンら約1000人が参列。それぞれが胸に秘めていたKIDさんとの思い出を話していた。

「いろんな選手と闘ってきましたが、KIDにはオーラがあって、ギラギラしていた。ちっちゃいんですけど、『怖いな』と感じたのはKIDが初めてでしたね。一方で、練習のときは、『空手の蹴りを教えてください』『パンチを教えてください』とよく聞いてきた。なんでも自分のものにしてしまう天才でした」(武蔵)

KIDさんは身長163cm。恵まれた体格ではなかったが、ファイティングスピリットは誰にも負けなかった。

「彼は僕より小柄で、体重が軽かったんですけど、真っ向勝負で打ち合った。僕は63戦してますが、中でも’04年、大晦日の彼との試合が一番印象に残っています。アドレナリンがすごく出て、闘っていて一番楽しかった」(魔裟斗)

参列者を眺め、ライバルとして何度も闘った須藤元気はこう言った。

「今日のお別れ会みたいに、格闘技仲間がこんなに集まるのは初めて。KIDさんはみんなに好かれていたんだなあと改めて感じました」

「神の子」山本KIDは、天国でもライバルたちを挑発しているに違いない。

武蔵(46) 魔裟斗(39)
須藤元気(40)
那須川天心(20)
お別れ会のために特別に用意されたスーパーカーの前でポーズをとる姉の美憂さん(左)と父の郁榮さん(右)
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット 田口淳之介
本誌未掲載カット 電撃ネットワーク 南部虎弾
本誌未掲載カット 魔裟斗
本誌未掲載カット 内山高志
本誌未掲載カット 宇野薫
本誌未掲載カット 武蔵
本誌未掲載カット 佐藤ルミナ
本誌未掲載カット ハチミツ二郎
本誌未掲載カット 桜庭和志
本誌未掲載カット Zeebra
本誌未掲載カット 秋山成勲
本誌未掲載カット 山本美憂
本誌未掲載カット
  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary20

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事