メンタリストDaiGoが炎上騒動で許せなかった「2人の著名人」 | FRIDAYデジタル

メンタリストDaiGoが炎上騒動で許せなかった「2人の著名人」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年7月に自身の発言から炎上、活動休止となっていたDaiGo。11月にはユーチューブチャンネルを再稼働させ、騒動について語っている(写真:時事通信)

メンタリスト・DaiGoの威勢がいい。

DaiGoと言えば7月、ユーチューブの生配信で生活困窮者に対し、

「自分にとって必要のない命は僕にとって軽い。ホームレスの命はどうでもいい」
「邪魔だし。臭いし、治安悪くなる」

などと発言し、大炎上。謝罪・撤回し、活動休止に追い込まれた。

といっても、有料会員制の『D―Lab』は騒動からひと月も経たないうちに再開。自身のユーチューブチャンネルも11月に再稼働した。

ネット上では「早すぎる」という声も上がったが、今月5日には「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏とユーチューブで対談を行った。

三崎氏に一連の炎上騒動について聞かれたDaiGoは、

「純粋にあの発言自体に対しては、言い方もすごく悪かったが、酔っぱらっていた。あの日、放送前にワイン会があって、2本飲んでいて、なぜか、もう1本あけながら放送していた」

と初告白。たしかに動画を見返すと、DaiGoの顔は普段よりも火照っているように見え、トークもいつになく攻めた言葉が多かった。

DaiGoは日頃納めている税金が犬や猫などの動物の殺処分のために使われるのはおかしいという持論がある中で、酒の力で愚痴が入ったと釈明。これには三崎氏も、

「酔っぱらって配信したらダメ」

とたしなめた。

その一方で“DaiGo節”も戻ってきた。テレビの情報番組やワイドショーでは、MCやコメンテーターが騒動をブッタ斬り、DaiGoをこれでもかと責め立てた。これについてDaiGoは、

「僕のことを批判した人の中には淫行と暴行と襲撃で前科がついてるはずの芸能人とか、飲酒運転で捕まっている経歴があるはずの某お昼の番組のMCの人がいる。叩かれるつらさがわかっているのによく言えるな」

と指摘した。名指しこそ避けたものの、「淫行と暴行と襲撃で前科がついてるはずの芸能人」とはおそらくは東国原英夫氏のことだろう。東国原氏はDaiGoについて当時ツイッターなどで、

《基本的人権意識の決定的欠如。本質的に優生思想肯定論者なのだろうと推察する》
《反省・矯正は容易いものでは無さそうだ。専門家のカウンセリング等を受けるべきだと思う》

と指弾していたからだ。

また「飲酒運転で捕まっている経歴があるはずの某お昼の番組のMC」とは『バイキングMORE』(フジテレビ系)の坂上忍のことを指していると思われる。坂上も同番組で、

「謝罪だけで済まされるのかって思っちゃう。それくらいの問題。肝心なところが無知。代償は大きいと思う」

などと発言していた。

「普通、あれだけの騒動を起こしたら、しばらく大人しくしているものですが、それでも看過できなかったのでしょう。一時は蔑視発言でユーチューブチャンネルのBAN(閉鎖)もウワサされましたが、これも乗り切ったようで、いわば“通常運転”に戻っています」(スポーツ紙記者)

DaiGoの主な収入源は切り抜き含むユーチューブの広告費と、前出「D―Lab」だ。なかでも後者はライトプランで1か月824円(税抜き)、プレミアムプランで1200円(同)で相当数の会員がいる。

「DaiGoさんはちょっとのことではビクともしない収益スキームを作り上げています。もう無理をしてテレビに出る必要もないし、大物芸能人の顔色をうかがう必要もない。発言について十分に反省したなら、またこれからは以前のように活動していくということでしょう」(同・スポーツ紙記者)

たしかにDaiGoが2人の著名人に言い放ったことにも、一定の理がある。これがメンタリストDaiGoの本当の強さ、というところか…。

  • 写真時事通信

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事