木下優樹菜「ミスをしたら失敗から学べばいい」発言にファン騒然! | FRIDAYデジタル

木下優樹菜「ミスをしたら失敗から学べばいい」発言にファン騒然!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
少しずつアクセル全開に…!?

「おれもう死にます。止めないでください。申し訳ございませんでした」

12月10日深夜、とある一室で白い服をきた男性が木下優樹菜に土下座をした。その横で木下が「誰?どうしたの」と声を裏返しながら大きな声で笑っている。一体何があったのか。

11日、木下は自身のユーチューブアカウントで「諸事情により本日の生配信は中止致します」というタイトルの動画を投稿した。

実は木下、この日はユーチューブで生配信をする予定だった。事前にインスタグラムの自身のアカウントではストーリーズ機能を使い、「生配信するよ あともう少し」「まもなくYouTube更新します」と連続で告知。ファンもさぞかし配信には期待していたであろう。

しかし……。

「優樹菜さんのユーチューブの生配信をサポートしようと思ってここで準備していたんですけど、ユーチューブの生配信って審査を通さないといけない。これみんな知っていることで僕も知っていました。その準備を忘れていました。すみませんでした」(白い服の男性)

どうやらアシスタントとみられる男性の手違いで生配信ができなかったようで、そのことを謝罪する動画を木下が男性と配信したとみられる。男性のあとに木下も「今日の生配信を楽しみにしてくれていた人はごめんなさい。優樹菜も謝る」と頭を下げた。

その一方で木下は男性を精一杯フォローする。

「しょうがない。頑張って一生懸命仕事していたらミスくらいする。ミスした人は強い。失敗から学べる。『お前、どの口が言ってんの』って感じだけど(笑)。優樹菜も色んなことを踏まえて色んなことを学んだから」

そして二人は「責任をとるため」、自ら「ペヤング獄激辛やきそば」を食べるという罰ゲームを始めた。木下はくちゃくちゃと咀嚼音を部屋に響かせたあと「めっちゃ辛い、ちょっとマジ無理。痛い!」と目と顔を真っ赤にさせた。男性も体を震わせながら食べ、泣きすすりながら謝罪の気持ちを表した。

ミスをしてしまっても最後までファンに対するサービス精神を忘れない。そんな木下だからこそ、熱狂的なファンはいつまでも彼女をサポートするのだろう。ますます、木下から目が離せない……!?

  • 写真小川内孝行

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事