氷上の妖精ザギトワ「大胆な超短パン姿」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

氷上の妖精ザギトワ「大胆な超短パン姿」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
なんともラグジュアリーな一枚だ(本人のインスタグラム@azagitovaより)

2018年の平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したロシアのアリナ・ザギトワが自身のインスタグラムアカウントに公開した「大胆すぎる太もも露出姿」が話題を呼んでいる。「可愛い」「美しい」「とってもキュートな笑顔」などと称賛のコメントが殺到している。

ザギトワは2002年生まれのフィギュアスケーター。7歳のころから本格的にフィギュアスケートをはじめ、2016-2017年シーズンのジュニアグランプリに出場し、1戦目のサン・ジェルヴェ大会で優勝をし、鮮烈な国際大会デビューをした。そして2018年には平昌五輪で金メダルを獲得。15歳9か月という若さだった。

しかしその後は不調により成績が低迷し、競技会への参加を一時停止することにした。ただ引退したわけではなく「立ち止まったり、去るつもりはない」などとコメントしていた。

さて、そんなザギトワがこの度インスタで公開したのは、ドバイでの写真だ。合計3枚をアップロードしており、1枚目はプールサイドでの写真。椅子に座ったザギトワは、黒の襟付きシャツに超短パンを着用している。太ももをこれでもかと大胆に露出している。青のマニキュアを塗った爪が、彼女のカバンの色とマッチしており、とても印象的だ。そして、プールとドバイの高層ビル群をバックに満面の笑顔を見せている。このスマイルにはファンはメロメロになってしまうだろう。

2枚目はドバイの夜。光り輝くビル群をバックに、黒のカジュアルなスーツ姿でポーズしている。夜景よりもザギトワにばかり目がいってしまう。3枚目はアイスホッケーの試合に訪れた際の様子。客席からリンクをバックに撮影した。

ザギトワはドバイに感動した様子で「ドバイはリズムの違う都市。ここの景色は息をのむ」などと文章を寄せた。

現在は充電期間を過ごしているザギトワ。心無いコメントが寄せられることから、インスタをやめることも検討しているというが、今後も魅力的な画像で、世界中のファンを喜ばせてほしい。そしてまた、元気に滑る姿を見せてほしいものだ。ますます彼女から目が離せない……!?

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事