深田恭子「人生に一度くらいは…」切なる願いにファン驚き! | FRIDAYデジタル

深田恭子「人生に一度くらいは…」切なる願いにファン驚き!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
昨年秋、ドラマの撮影に臨んだ際の深田恭子

「人生に一度くらい……」

今年39歳、国民的女優の深田恭子は雑誌のインタビューでそう口を開いた。中学2年生の時に第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞して以来、女優業に邁進する一方、モデルとしても活躍し、歌手デビューもした。

そんな深田のかつてない希望とはー-。

多忙極める深田は、今年5月には適応障害による活動休止が突然事務所より発表され、日本が騒然とした。

「あれだけ仕事をしていたんだから、無理もない」(芸能関係者)。活動休止発表直前までイベントに出席するなど、超仕事人間な深田に対して心配の声が次々にあがった。

そんな中で、およそ3か月後の9月には活動に復帰。「ちょっと早すぎるのではないだろうか」。ファンたちは、復帰に喜ぶ一方で、あまりにも短い療養期間に不安を募らせた。

復帰は、10月から公開された主演映画『劇場版 ルパンの娘』のタイミングに合わせたようにもみられた。同ドラマの最終回では「#ルパンの娘」が世界トレンド2位にランクインするなど、 美しく泣ける“現代版ロミオとジュリエット”として人気を博した。その人気に後押しされ、2020年10月には続編も開始した。

そして、ファン待望の劇場版の公開前となり、主演の深田は休んでいるわけにはいかないと思ったのだろうか。精力的に映画のPRに打って出た。明るく笑顔を振りまく深田を見て複雑な気持ちを覚えた人は多かっただろう。

そんな中、着物雑誌「美しいキモノ」の2021年冬号で、深田が表紙を飾った。赤やゴールド、ライトグリーンなど、色鮮やかで大胆な着物を見事に着こなす深田に見入ってしまうが、彼女のインタビュー記事にも注目が集まった。彼女の素朴すぎる「今の願い」が語られていたのだ。

「人生に一度ぐらい、きものを着て初詣に出掛けてみたい」

一般人にとってどうということはない普通の願いでも、仕事に忙殺されてきた深田にとっては「実現したい希望」なのだろう。ぜひとも2022年の初もうでを実現してほしいものだ。

  • 写真近藤裕介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事