初の紅白に主演抜擢…!上白石萌音&萌歌「躍進する姉妹」の魅力 | FRIDAYデジタル

初の紅白に主演抜擢…!上白石萌音&萌歌「躍進する姉妹」の魅力

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年11月、福岡で行われた舞台会場へ向かう萌音

上白石萌音(23)にとって、21年は大躍進の年となった。

7月には、歌手として全国ツアー「yyattokosa」を開催。11月から始まった、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では主役を熱演。12月には初の『NHK紅白歌合戦』出場を果たす。

「『萌音』という名前は、ご両親が音楽を好きになってほしいという願いを込めてつけたそうです。女優としてだけでなく、名前の通り歌手としても活躍。時間を見つけては、あらゆるジャンルの音楽を聴いて、さまざまな本を読んでいるそうですよ」(芸能プロダクション関係者)

上白石は、ドラマや音楽だけでなく舞台にも活動の場を広げている。11月に福岡にいた彼女が向かった先は、イベント会場「博多座」だ。当日は最高気温17度と比較的暖かかったが、厚手のコートにグルグルに巻いたマフラーでしっかり防寒。体調管理も問題ないようだ。

舞台挨拶でまさかの告白

映画『スタートアップ・ガールズ』の特別先行上映イベントに登場した萌音。19年7月撮影

19年7月には、山崎紘菜とW主演を務めた映画『スタートアップ・ガールズ』の舞台挨拶に登場。山崎へ向かい、こう衝撃の告白をした。

「(撮影中は)なんて尊い日々だったんだろうって思うんです。紘菜ちゃんとは9年くらいのつき合い。中学生の頃から知っているんですけど、その頃からいいお姉ちゃんでいてくれた。大好きなんです!」

妹は一日署長

今年4月、東京・湾岸署で一日署長を務めた上白石萌歌(画像:共同通信社)

妹の上白石萌歌(21)も、姉に負けない活躍をしている。今秋に放送された『ソロモンの偽証』(WOWOW)では、連続ドラマ初の主演。来年の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、ヒロインの妹役として出演することが決まっているのだ。

「姉妹は一緒に住んでいて、とても仲が良いですよ。萌歌も歌手としてデビューしています。お姉さんよりアウトドア趣向が強く、趣味は走ることと散歩だそうです」(民放キー局社員)

今年4月には、東京の湾岸署で一日署長に就任。キュートな制服姿を見せてくれた。大活躍する上白石姉妹。22年は、さらに勢いが増しそうだ。

福岡での萌音。今年11月撮影
映画『アリータ:バトル・エンジェル』のジャパンプレミアに登壇した萌音。19年2月撮影(画像:時事通信社)
地元・鹿児島で聖火ランナーを務めた萌歌。今年4月撮影
第17回上海国際映画祭で。14年6月撮影(画像:共同通信社)
17歳のときの萌歌(画像:共同通信社)
  • 撮影田中俊勝写真アフロ 共同通信社 時事通信社

Photo Gallery8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事