吉岡里帆「どんぎつねのホラーすぎる展開」にファン困惑…! | FRIDAYデジタル

吉岡里帆「どんぎつねのホラーすぎる展開」にファン困惑…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ジュエリーのイベントに参加した際の吉岡里帆(AFLO)

日清「どん兵衛」の最新CMがホラーすぎるとネットで話題を呼んでいる。

この季節のどん兵衛CMといえば、女優・吉岡里帆が演じる「どんぎつね」のCMだ。どんぎつねとは、吉岡里帆にモフモフとしたキツネの耳と尻尾をはやした可愛すぎるCMキャラクターのことで、俳優・星野源とテーブルを囲んでほっこりするような会話をしては、ファンを癒してきた。

このどんぎつねに対して、吉岡自身も強いこだわりを持っているようで、過去には「『人間じゃないよ』といつも思いながらやっています。某きつねをずっとやっていて、すごく大事にしているんですけど、『絶対に人間の耳を見せない』。それはつねにメイクさんと話し合ってやっています」と語っており、プロ意識の高さがうかがえる。

そんなどんぎつねのCMだが、今年は異変が……。

問題となっているのは「みんなのどんぎつね篇」。最初のシーンはどんぎつねと星野のお馴染みの2人で始まる。「やっぱり年越しはどん兵衛のおそばですね」と星野がしみじみ話すと、どんぎつねは「細く、長く、健康にいられますように」と可愛くうなずく。そしてカメラが動き、壁越しの隣の部屋へ。そこにはお笑い芸人、おいでやすこがのこがけんと……どんぎつね!?どんぎつねが2人もいる!

そしてさらに別の部屋に行くと、今度はとろサーモンの久保田とどんぎつねが楽しそうに会話しているではないか。今度はカメラが引くと、そこにはどん兵衛をすする人と無数のどんぎつねが映し出され、最後にはどんぎつねらを監視している謎の人たちもまで映し出された。

これまでのCMでは、どんぎつねはなかなか距離の縮まらないカップルを星野と演じてきたと思われきたが、どん兵衛公式は「実はクローン」とツイート。このよくわからないホラー展開にネットは困惑した。

「何だって!?」「まさかの展開」「孤独な男に見える幻」「クローンで構わないので、一家に一人お願いします」

といったコメントが殺到した。だったら、今年はうちにもきてほしい。謎多き展開、ますます吉岡から目が離せなくなった……!?

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事