立憲政調会長として小川淳也が語った「党再生の覚悟」 | FRIDAYデジタル

立憲政調会長として小川淳也が語った「党再生の覚悟」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
小川淳也政調会長。「問題は複雑で、答えは簡単ではない」と繰り返し、言葉を絞り出した

「立憲民主党という政党のさまざまなことを再検証し、再出発しなければなりません。しかし、執行部に与えられている時間はあまりに少なく、来年7月の参院選挙が最初のデットラインだと考えています」

立憲の政調会長に就任した小川淳也議員は、インタビューに答えてこう言った。

なんとしても、党を再生しなければならない

先の衆院総選挙で、立憲民主党のダメージは大きかった。

当選7回の平野博文代表代行・選挙対策委員長が、大阪11区で落選。同じく当選7回の辻元清美党副代表は、大阪10区落選。比例復活もならず議席を失った。 

また、比例復活はしたものの、当選回数17回を誇る小沢一郎や、当選14回の中村喜四郎元建設相、海江田万里元民主党党首などもばたばたと落選した。党の指導的立場にあったベテラン勢の敗北で、野党第一党の精神的支柱が失われたともいえる。

深手を負った立憲民主党は枝野幸男が代表を退き、選挙を経て泉健太を代表に選出した。今、なんとしても党を再生しなければという緊張感と焦燥がある。

立憲の支持母体である連合の芳野友子会長はこう言っている。

「立憲民主党が市民連合、共産党と共闘したことで、組合票の行き場がなくなったということは事実としてあったのではないか」

連合組織票は704万票。選挙後、芳野会長は自民党本部を訪れ、麻生太郎副総裁、茂木敏通幹事長とそれぞれ会談した。「立憲民主党がいなくても『政労会議』は出来るのだ」というデモンストレーションだろう。立憲民主党には少なからぬ寂寥感が漂ったのではあるまいか。

ここから半年、全力疾走する

再出発はこの男にかかっている。

国民に向けた立憲民主党の政策取りまとめ責任者として指名されたのは、弱冠50歳の小川淳也政調会長である。

「代表選挙は、野党が四分五裂しているために、いわば自民党〇〇派内の選挙のような小さな戦いでした。世論からは、代表戦の議論も低調だと評価されている。それこそが、いまの立憲民主党に向けられた『国民の目』なのだ、ということを痛感しています。

来年7月の参院選挙まで、わずか半年ほどのうちに立憲民主党は有権者に投票していただけるような政党となるために全力疾走しなければならないんです」

これまでに経験したことのない極限の緊張状態を走り始めた小川には、党の歩みを止めない牽引力が求められている。どれほど疲れても、先頭を走り続けなければならないのだ。

「野党第一党を一つの塊にしなければならない。挙党態勢、連合との協議、党の公約作り、共産党との関係性、有権者との対話、やらなければならない、ありとあらゆる事柄が頭の中を駆け巡っています。代表戦以降、今日に至るまで、そしてここから先に向かって、これまでに経験したことのない極限の緊張感のなかにいます。『政権に対して反対ばかり』の政党から生まれ変わった立憲民主党を国民に示さなければならない。簡単に答えが見つかるようなことじゃないんです」

小川の目は充血し、疲れを隠すことができない。そして何度も「簡単ではないんです」と繰り返す。だが、立ち止まっている暇はない。

「大地にがっしりと根を張った、立憲という政党はこのような政党なのだといえる政策を示さなければならないんです」

18日は那覇市で「青空対話集会」を開き、日帰りでテレビ局の収録。21日はまた東京で集会という過密スケジュール。徹底して「市民と対話」したいという。

「この国の政治は、このままでいいのでしょうか? 何かを変えなければいけないのではありませんか? 有権者にはそう問い続けなければいけないと思っているのです。その声のすべてを吸収し、より良い政策を提示したい」

岸田文雄政権は過去最大の35兆9800億円の補正予算を成立させ、臨時国会は閉会した。「文書交通費」の見直しは先送りとなり、国交省統計書き換え問題もあやふやなままだ。

今の立憲民主党からは、岸田首相の背中は遠く見えるのかもしれない。それでも国民は、立憲民主党が国民との対話を続け、苦しむだけ苦しんで答えを導き出したとき何を言い、何をするのか、その覚醒を待ち続けている。この期待に応えられなければ立憲民主党に明日はない。

「対話を重ねたい」青空集会では、集まった人の質問に丁寧に答える姿が印象的だ
  • 取材・文橋本隆

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事