もう一つのファクターX…?日本人が持つ「縄文人のゲノム」とは | FRIDAYデジタル

もう一つのファクターX…?日本人が持つ「縄文人のゲノム」とは

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

新型コロナウイルスによる重症化を予防する白血球の型「HLA-A24

12月10日、読売新聞に、日本人の約60%が保有する白血球の型「HLA-A24」が新型コロナウイルスによる重症化を予防すると理化学研究所が発表したとの記事が掲載された。

日本人は海外に比べて新型コロナウイルスの感染者や死者が少ないことから、日本人特有のなんらかの要因(ファクターX)があるのではということは、早いうちから言われていた。これが本当にファクターXなら、治療薬の開発に役立つかもしれないと、話題になっている。

「白血球の型HLAには、さまざまな型がありますが、欧米人とアジア人では違いがあることは以前から知られていました。ただ、今まではそれが新型コロナウイルスの重症化を予防するかどうかはわかっていませんでした」

こう言うのは、国立遺伝学研究所教授の斎藤成也氏。

最近の発表によると、HLAの一つ、HLA-A24は日本人の約6割が保有していて、新型コロナウイルスに感染すると、体内で眠っていたキラーT細胞が増え、感染細胞を排除している可能性があると言われている。

「ウイルスに対して働くのは免疫細胞です。いろいろなウイルスやバクテリアが体内に入ってくることを予想して待ち構えている。とくに強い働きをするのが、今話題になっている白血球の型HLAです。これにはさまざまな型があり、どの型を多くもっているかは遺伝によって変わります」(斎藤成也氏 以下同)

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスによって、人間の遺伝子が変異し、世界中の人がHLA-A24を保有することにならないのだろうか。

我々は父親と母親からDNAを受け継ぎますが、突然変異がまれに生じるので、両親のゲノムとは少しだけ異なってきます。環境に刺激されて生まれたあとに突然変異が生じることはありますが、それが子どもに伝わることはありません。

突然変異したものが生存に適したものであれば、受け継がれていくことになります」

「HLA-A24」は、日本人が偶然手に入れた“ギフト”なのだ…。

つねに変異が起こっているDNA。血液型もその一つ。大昔はA型だけで、その後B型、AB型、O型が生まれた

日本人のゲノムの中に10%ほどある「縄文人」から受け継がれたゲノム…

ところで、斎藤氏によると、日本人のゲノムの中には10%程度「縄文人」から受け継がれたゲノムが含まれていると言う。 

「縄文人のゲノムを持っているのは、世界でも非常に珍しく、朝鮮半島に暮らしている人は0.1~0.2%、台湾人、アムール川流域に暮らす少数民族も少しもっている。

日本人の中でもいちばん多く縄文人のゲノムを受け継いでいるのはアイヌの人々、次が沖縄の人々。我々が礼文島船泊遺跡の縄文時代人のゲノムを調べた結果、アイヌの人々の50%、沖縄の人々の25%のゲノムは、縄文人のゲノムを受け継いだものでした」

縄文人というのは、約1万6000年前から約3000年前まで続いた縄文時代に北海道から沖縄にかけて住んでいた人々で、“縄文土器”を作り出すなど、独自の文化を築いたことで知られている。その後、大陸から渡来人がやってきて、混血が進み、縄文人のゲノムは徐々に少なくなってきた。

身長は男性が160㎝弱、女性は150㎝に満たない人が多く、顔立ちは彫りが深いなどの身体的特徴から東南アジアを起源にもつ人々ではないかと考えられているが、縄文人の祖先がどこで生まれ、どうやって日本列島にたどり着いたかはまったくわかっていないのだという。

日本人の多くがHLA-A24を保有しているのは、縄文人のゲノムを持っているからだろうか。

「ゲノムの中には自然選択の痕跡がたくさんあり、その中のいくつかはなんらかの感染症に対する抵抗性をもつかもしれません。けれど、縄文人のゲノムがそれに関係しているかはわかっていません」 

縄文時代には盛んに造られるようになった竪穴式住居

なぜ、感染者数に違いがあるのか…

韓国では人口の80%以上がワクチン接種を終えているにも関わらず、12月7日に感染者が7000人を超え、重症者も850人を超えている。病床の稼働率は、首都圏で73%に達するなど、医療のひっ迫も深刻だ。同じ東アジアに住む韓国人はHLA-A24をもっていないのだろうか。

「東アジアの人たちも日本人と同じようにHLA-A24を保有している人が多いと考えられていますが、韓国人については不明。

ただ、韓国で感染者が増えているのは、日本人と韓国人の体質の違いというより、対策の違いではないでしょうか。韓国では飲食店は24時間営業もOKなど、経済活動を優先させて、ほぼコロナ前の生活に戻していた。

一方、日本はほとんどの人がマスクをつけているし、飲食店ではさまざまな予防策がとられている。感染者が少ないのはそうしたことも大きいと思います」

日本人も油断をすれば韓国のようになる?

「HLA-A24も万能ではないと思います。ウイルスが変化していったら、HLA-A24がいくら頑張っても追いつかない可能性もある。いくらHLA-A24を6割の人がもっているからといって、油断すべきではありません」

土偶も縄文人が生み出したもの。青森県つがる市の亀ヶ岡遺跡から発掘された土蔵は有名だ

 斎藤成也 遺伝学者。国立遺伝学研究所教授、総合研究大学院大学、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授。日本学術会議連携会員。アイヌと琉球人の近縁性についての研究結果を定期的に発表している 。著書に『核DNA解析でたどる日本人の源流』(河出書房新社)、『最新DNA研究が解き明かす。日本人の誕生』(秀和システム)、『人類はできそこないである』(SB新書)など多数。

  • 取材・文中川いづみ

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事