ラランド・ニシダ 「3歳年上の彼女」との真夜中デート現場! | FRIDAYデジタル

ラランド・ニシダ 「3歳年上の彼女」との真夜中デート現場!

向上心ゼロ、ギャンブルとオンナが大好きで、カネと時間には超ルーズ 美人OLに頼りっきりの「ヒモ生活」を直撃!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
楽しそうに会話をしながら、マンションに帰ってきたニシダとSさん。彼女のためにも仕事を頑張ってほしい

寒さが厳しさを増した12月中旬の夜9時過ぎ、新宿区内の閑静な住宅街に一組のカップルが姿を現した。人気若手お笑いコンビ『ラランド』のニシダ(27)と、以前から「マッチングアプリで出会った」と交際を公表している3歳年上の美人OL、Sさんだ。ニシダは穏やかな口調で彼女と会話をしながら、マンションのエントランスへと入っていった。

ニシダといえば、本業のお笑いより私生活のクズっぷりが注目されがち。今年、ブレイクした相方のサーヤ(26)を見習ってほしいものだが……。

「サーヤは’21年のバラエティ番組出演本数が’20年から180本以上増えるなど、大躍進の年でした。一方のニシダは向上心がなく、番組に出演しても発言はいつも控えめです。仕事はサーヤの8分の1程度。ただ、12月2日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『本屋で読書芸人』に出演した際、純文学作品を中心に年間100冊以上読むと明かしました。その文才に注目が集まっており、’22年は作家としてブレイクする可能性があります」(バラエティ番組制作関係者)

ようやくニシダにもブレイクの兆(きざ)しが……と思いきや、クズっぷりは最近になって、さらに加速しているという。

「生活費は彼女、カードの請求は親が支払い。同棲しているのに、いまだにマッチングアプリをしているそうで、給料の大半も月初めに競馬につぎ込んでいます」(ニシダの芸人仲間)

真相を聞くべく、事務所から出てきたニシダを直撃した。

――フライデーです。交際は順調ですか?

「順調ですよ」

――マッチングアプリで出会った、と仰ってましたが、『ラランド』のニシダとプロフィールに書いていたんですか?

「そうそう」

――何回目のデートで恋人に?

「もう覚えてないな。正直、その時さ、付き合うかわかんないから、4〜5人同時並行してたんですよ」

――それでSさんの家に転がり込んで、家事も手伝わず、生活費まで払ってもらっていると。

「お金じゃないよね!」

――逆に何を払っているんですか?

「無償の愛よね」

――……。両親にもカードの支払いをお願いしていますよね。

「(請求が)実家に来て、親が払っちゃってる。俺に送ればいいのに。俺が悪いわけじゃないです」

――マッチングアプリは続けているんですか?

「やってます。会ってはいないけど。いまは暫定1位の女性と付き合ってるだけ。更新していくもんだから、恋愛は」

――ニシダさんのクズっぷりが加速していると言われてますが。

「クズじゃないです。愛されているんです!」

――’22年の抱負はありますか?

「相方との格差を埋めたい。サーヤさんにはちょっと仕事減らしてほしい」

――ニシダさんが努力するのではなく?

「仕事の差がありすぎ。ヘンだもん。俺のせいじゃない」

クズもここまで振り切れれば、立派な芸なのか……。’22年の活躍を、一応、願っています!

直撃取材に驚きつつも、笑顔で答えたニシダ。Sさんの直筆似顔絵とパシャリ。ヒモとはいえ、交際は順調だそう
【本誌未掲載カット】直撃取材に笑顔で応じるラランドのニシダ
【本誌未掲載カット】直撃取材に笑顔で応じるラランドのニシダ
【本誌未掲載カット】直撃取材に快く応じるラランドのニシダ
【本誌未掲載カット】彼女とともにマンションへと向かうラランドのニシダ

『FRIDAY』2022年1月7・14日号より

  • PHOTO齋藤雅昭

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事