前山剛久が神田沙也加さんとの真剣交際を「炎上前に公表」の背景 | FRIDAYデジタル

前山剛久が神田沙也加さんとの真剣交際を「炎上前に公表」の背景

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ミュージカルや声優、歌手として多彩な才能を発揮した神田沙也加さん

《私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました》

12月18日に死去した女優の神田沙也加さん(享年35)とミュージカル『マイ・フェア・レディ』で共演していた俳優の前山剛久が神田さんと結婚を見据えた真剣交際をしていたと22日の夕方に所属事務所の公式ホームページで発表した。

《『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします》

前山は、瀬戸康史や志尊淳らが所属する若手演劇集団「D-BOYS」のメンバー。神田さんとは今年8月から帝国劇場などで上演された『王家の紋章』で共演し、その後立て続けに『マイ・フェア・レディ』でも共演していた。

「23日発売の週刊文春が前山さんの“二股交際”を報じた。前山さんは神田さんとの結婚を見据えていたと発表していますが、文春の内容では前山さんが神田さんを裏切ったとも捉えられるような内容でした」(ワイドショー関係者)

文春によると前山はアイドルのAさんと以前付き合っていたが、神田さんとの交際後もAさんにラインを送っていた。そのやりとりの内容を神田さんは知ってしまったという。

「通常であれば、前山さんは交際を認めるようなコメントなど出す必要はなかったと思います。しかし木曜日発売の文春が出る前に、前山さんサイドは手を打つ方針を出したということでしょう。詳細が表ざたになったあとでは炎上は免れないですから」(スポーツ紙記者)

前山の事務所の発表によると、前山は憔悴しきっており舞台も降板したという。今後は医師の指導のもと、メンタルサポートをしていく方針を発表。

前山のツイッターは17日を最後に更新は途絶えている。自らの自撮り写真のアップと共に

《札幌、来たよー!雪、綺麗。#マイフェアレディ》

と書かれている。

この翌日に神田さんは天国へと旅立ってしまった。若い才能ある命をどうすれば守ることができたのだろうか――。

  • PHOTO原 一平

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事