綾瀬はるか「小雨降るなかのドラマロケ」で放った圧倒的オーラ | FRIDAYデジタル

綾瀬はるか「小雨降るなかのドラマロケ」で放った圧倒的オーラ

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24 〈大岡山 14時50分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
撮影の合間、ベンチコートを着る綾瀬。途中で小雨が降り始めたため、スタッフが傘を差しだす

大田区と目黒区の境に位置する大岡山北口商店街。ふだんはのんびりとしたこの商店街が、妙に騒がしい。見れば、綾瀬はるか(36)、佐藤健(32)、上白石萌歌(21)など今をときめく俳優たちがいるではないか。

この日行われていたのは、1月2日放送予定のスペシャルドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)のロケ。佐藤が店長を演じるパン屋『ベーカリー麦田』のセットでの撮影だったようだ。

「ベーカリー麦田は、実在する店舗の1階部分にセットを組んでおり、『ぎぼむす』ファンの間では”聖地”として知られています」(テレビ局関係者)

午後3時前、綾瀬は一旦、休憩に入った。スタッフが差し出したベンチコートを羽織り、小雨のなか、傘をさしてもらって送迎車に向かう。20分後、再び撮影現場へと戻っていった。

’20年の正月スペシャルでは視聴率16%を獲得した『ぎぼむす』。今回も感動のストーリーで大いに話題を呼ぶことだろう。

本誌未掲載カット 綾瀬はるか 商店街でドラマロケ中の綾瀬を発見

『FRIDAY』2022年1月7・14日号より

  • 撮影竹林勝

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事