焼き肉店立てこもり事件「緊迫の人質救出作戦」の舞台裏 | FRIDAYデジタル

焼き肉店立てこもり事件「緊迫の人質救出作戦」の舞台裏

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
男が焼き肉店に立てこもり、騒然とする現場

「警察に捕まって人生を終わりにしたかった。捕まる前に最後に焼き肉を食べたかった」「ハロウィンのときにあった電車の事件のようにしたかった」

1月8日夜、渋谷区代々木の焼き肉店で店長を人質に取り、3時間立てこもった男は、あまりに身勝手な動機を供述した。

逮捕監禁容疑で逮捕されたのは、荒木秋冬容疑者28歳。荒木容疑者は、8日午後9時から渋谷区代々木の焼き肉店で男性店長を人質に立てこもったが、午前0時頃に突入した警視庁の捜査員に身柄を確保された。

「荒木容疑者は我々の説得に、『死刑になりたい、交渉するつもりはない』と興奮していて、らちがあかない状況でした。朝まで膠着状態になることも覚悟しましたが、日付が変わった頃に、人質となっていた店長の救出に成功したため、突入することになったのです」(捜査関係者)

店には出入り口が表と裏に2ヵ所あり、警視庁は表で交渉しながら荒木容疑者の気を引き、裏では救出作戦を決行していた。裏から回ってきている捜査員に気付いた店長は、一瞬の隙を狙って裏口から逃げ出したのだ。店長に怪我はなかった。

「突入の瞬間はドラマを見ているようでした。閃光弾のようなものが5回ほど炸裂し、屈強な捜査員20人近くが店の中に飛び込んでいくのが見えました。これまでに他の県警などの事件対応も数多く見てきましたが、事件発生から逮捕までのスピード劇は、さすが警視庁と思いました」(全国紙警視庁担当記者)

立てこもり事件といえば、昨年6月に埼玉県大宮市の漫画喫茶で女性を人質に立てこもった事件は記憶に新しい。埼玉県警は事件発生から、突入して逮捕するまでに30時間以上に渡って交渉するなど、長丁場となった。現場の状況は違うとはいえ、わずか3時間で制圧した警視庁の捜査能力が高さが窺える。

捜査関係者によると、荒木容疑者は「警察に逮捕されて人生を終わらせたかった。逮捕される前に焼き肉が食べたかったので、焼き肉を食べてから立てこもりました」と供述しているという。

現場近くで焼肉店を経営する社長は、呆れた様子でこう話した。

「焼き肉が食べたいだけなら、うちにくれば好きなだけ食べさせたのに。こんな事件を起こすために、関係のない焼肉屋を巻き込むなんて。特にこのコロナ禍で、家族や友人と外食するという貴重な時間を奪ったことも許せない」

荒木容疑者を、焼き肉店での凶行に追い込んだ背景には何があったのか。容疑者の自宅は九州地方にあると見られ、警視庁は捜査員を送ることを検討している。

男が立てこもった焼き肉店の前に集まった警察官ら
  • 写真共同通信

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事