資産家夫婦放火殺人事件「資産100億円」を狙った犯人の影 | FRIDAYデジタル

資産家夫婦放火殺人事件「資産100億円」を狙った犯人の影

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

東京都 板橋区 ’09年5月25日発生

瀬田さん夫妻。犯人は邸宅に侵入し、夫妻を鈍器で殴るなどして殺害。その後、邸宅に火を放った

「近隣では瀬田さんが資産家だというのは有名な話でした。あちこちで飲み歩き、『銀行は信用できないから、自宅に現金を置いている』と話していたそうです。奥さんも『家で札束につまずいて足をねんざした』なんて話していました」

そう話すのは都内の不動産会社社長のAさん。「板橋資産家夫婦放火殺人事件」の発生の際、警察から犯人と疑われた一人だ。事件で犠牲になったのは、不動産賃貸業を営んでいた瀬田英一さん(当時74)と妻の千枝子さん(同69)。板橋一帯の豪農の家系で、資産は100億円とも言われた。

瀬田さんは交友関係が広く、警察は多くの関係者を調べており、Aさんもその一人だった。Aさんが語る。

邸宅は鬱蒼(うっそう)と木が生い茂っていた。事件後、家は競売にかけられ、いまは約30軒の建て売り住宅になっている

「瀬田さんと知り合いだったため、事件から2〜3ヵ月は警察にマークされていましたね。ただ瀬田さんが通っていた店の多くもなくなり、警察がいまも捜査を続けているのかはわかりません。当時、瀬田さんの家に出入りしていた建設関係の男性がいました。彼は事件後、異様にカネ回りがよくなり、警察にしばらく勾留されたこともあった。しかし、その男性も1〜2年ほど前に亡くなってしまったんです」

容疑者として「日中合同窃盗団」説もあった。しかし、そのグループの全貌を知るキーマンの男性も、実は5年ほど前にバイク事故で亡くなったという。事件解決まで、もう時間は残されていない。

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事