82歳資産家をハンマーで撲殺…23歳妻と夫「戦慄の犯行内容」 | FRIDAYデジタル

82歳資産家をハンマーで撲殺…23歳妻と夫「戦慄の犯行内容」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
請川容疑者の21歳年下妻・左稀容疑者(画像:本人のSNSより)

「カネがあるのを知っていた。(殺害には)ハンマーを使った」

高齢の資産家を撲殺した男は、警察の取り調べに対しこう供述しているという。

1月19日、大阪府警捜査1課は強盗殺人や住宅侵入の疑いで男女3人を逮捕した。捕まったのは解体工事会社を経営する請川正和容疑者(44)と妻の左稀容疑者(23、さき)、建築作業員・野木俊夫容疑者(58)だ。大阪府生野区に住む川崎勝哉さん(82)の顔や頭を、ハンマーで何度も殴り殺害したとされる。

「事件は、昨年12月1日の未明に起きました。深夜0時ごろ3人は、ダンプカーや軽自動車で川崎さんの住む3階建のハイツ(集合住宅)前に乗りつけます。隣接する別の住宅からハシゴをかけ、請川容疑者がハイツへ侵入。ベランダから窓ガラスを割って、2階の寝室で寝ていた川崎さんを殺害したようです」(全国紙社会部記者)

3階で寝ていた妻は……

82歳の資産家を撲殺したとされる請川容疑者(画像:共同通信社)

川崎さんが撲殺されたのは、早朝6時ごろと推定される。1時間後、ベッドの近くで血だらけで倒れている川崎さんを知人が発見。顔や頭が粉砕骨折し、すでに息のない状態だった。川崎さんは、妻と2人暮らし。事件当時3階で寝ていた川崎さんの妻は無事で、事件に気づかなかったという。

「警察が近くの防犯カメラを解析すると、ダンプカーからハシゴをおろしたり、犯行現場へ向かう複数の人間の姿が映っていました。さらに車のナンバーを調べると、大阪府八尾市にある請川容疑者の解体工事会社が浮上。3人の逮捕にいたったんです。

請川容疑者は『(川崎さんの家に)カネがあるのを知っていた』と供述していることから、強盗目的の殺害だったのでしょう。しかし川崎さんの反抗が激しかったのか、現場には争った痕跡こそあれ、金品は何も奪われていませんでした。近隣住民が悲鳴や、激しく言い争う声を聞いています」(同前)

計画は用意周到だった。

「川崎さんが住むハイツの1階は居酒屋で、奥さんが切り盛りしていました。請川容疑者は居酒屋の客として、資産家の川崎さんの家に多額のカネがあることを知った。さらにハイツの構造や、隣接する住宅から侵入できそうなことを聞いたのでしょう。川崎さんと奥さんが、別々のフロアーで寝ていることもわかっていたようです。事件前には、ハイツ周辺を入念に下見していたことも判明しています。

新型コロナウイルスの影響などから、請川容疑者の会社の業績は良くなかった。相当カネに困っていたのでしょう。仕事仲間の野木容疑者や妻の左稀容疑者と共謀し、犯行に及んでようです。請川容疑者と21歳年下の左稀容疑者が結婚したのは、2年ほど前だとか。2人の間には幼い娘さんもいたそうですが……」(別の全国紙記者)

悪化した自身の会社の経営状態のために、資産家の命を奪った3人の容疑者。警察は、認否を明らかにしていない。

容疑者のFB上のプロフィールページ

 

夫への愛をFB上で語っていたが…
20年末にプロフィールを変更していた
  • 写真共同通信社

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事