24歳女性を監禁暴行…「山に遺体遺棄」した35歳男の驚愕行動 | FRIDAYデジタル

24歳女性を監禁暴行…「山に遺体遺棄」した35歳男の驚愕行動

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
事件当時住んでいた栃木県内から160km離れた山中に遺体を遺棄したとされる海部容疑者

「アパートに監禁していた24歳の女性が死んでしまい、一緒に住んでいた男性と山の中に穴を掘って埋めました」

最寄りの警察署に出頭した女性が、驚愕の告白をしたのは1月18日のことだ。警察は女性の説明通りに、指摘された山中を捜索。土の中からは、死後1年以上経っていると思われる白骨化した遺体が出てきたーー。

1月24日、栃木県警は宮城県白石市の山中に遺体を遺棄したとして、同市に住む無職・海部学容疑者(35)を逮捕した。海部容疑者は、19年12月に氏名不詳の遺体を山の中に埋めたとされる。

「海部容疑者は、19年の秋ごろから親族の女性と栃木県さくら市内のアパートに住んでいました。詳しい経緯はわかっていませんが、直後から24歳の女性を部屋に連れ込み監禁。日常的に、殴る蹴るなどの暴行を加えていたそうです。同年12月に女性が死亡。海部容疑者は遺体を車で運び、アパートから160km離れた宮城県内の山中にスコップで穴を掘って埋めたとされます。

事件が判明したのは、同居していた親族の女性が栃木県さくら署に通報したからです。調べに対し親族の女性は、『いずれわかってしまうことなので話すことにした』と供述しています。遺体遺棄現場は山の急な斜面で、人が立ち入ることはほとんどないとか。ただ細い木が切り倒され、埋めた場所を隠したような痕跡があったそうです」(全国紙社会部記者)

引っ越し先は遺体遺棄現場の近く

送検される海部容疑者

事件から約半年後、海部容疑者は引っ越をする。驚くのは新居として選んだのが、遺体を遺棄した山からわずか6kmほどの、宮城県白石市内のアパートだったことだ。

「海部容疑者は、白石市内で妻と幼い子どもの3人で生活していたようです。近隣住民の話によると、朝早く出かけ夜遅く帰ってくるため、挨拶をする機会もなかったとか。海部容疑者は、隣接する宮城県蔵王町で生まれ育っています。いくら愛着がある土地とはいえ、遺体遺棄現場と目と鼻の先を引っ越し場所に選ぶとは、気持ちが理解できません」(同前)

海部容疑者は、どうして異様な行動をとったのだろうか。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が推測する。

「事件の発覚を恐れていたのでしょう。犯人が、殺害した人の遺体を自分の家の敷地内に埋めるのはよくあるケースです。掘り起こさていないか異常はないか、常にチェックできますからね。自宅が完成する直前に、遺体を建物の下に埋め、コンクリートで永遠に封印しようとした事件も過去にありました。

今回のケースは、容疑者が一戸建てを作り庭を持てるほど裕福ではなかったのでしょう。だから現場近くのアパートに住んだ。6kmほどしか離れていなければ、車で頻繁に様子を見に行けます。警察が調べているかもわかる。捜査が始まったら、スグに逃亡するつもりだったのでしょう」

だが事件は、身内である親族の通報によって露見した。小川氏が続ける。

「親族の女性は、罪の重さに耐えられなかったのだと思います。関与した犯行が表沙汰になっていなかったとはいえ、人の命が失われているんです。黙っていれば、時とともに罪悪感や苦しさが増します。すべてを話し、少しでも楽になりたかったのでしょう」

警察は、白骨化した遺体の身元解明を急いでいる。海部容疑者の認否については、明らかにしていない。

検察に送られる海部容疑者
  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事