工藤静香&ゴクミ…2大女優の娘が放つ「圧倒的オーラ」写真 | FRIDAYデジタル

工藤静香&ゴクミ…2大女優の娘が放つ「圧倒的オーラ」写真

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
21年12月に開かれた『ブルガリ アウローラ アワード』に出席したKoki。肩と胸元を大胆に出したドレスで会場を魅了した

大物女優の娘2人への評価が、グングン上がっている。

工藤静香の次女Koki(18)と、後藤久美子の長女エレナアレジ後藤(25)だ。Kokiの父親は、いわずと知れた俳優の木村拓哉。エレナは、元F1レーサーのジャン・アレジの娘である。

「Kokiもエレナもモデルとして世界的に有名ですが、女優としても注目され始めています。Kokiは、今年2月公開の映画『牛首村』で女優デビュー。しかも、いきなり主演で女子高生姉妹を一人二役でこなすという難役です。

幼い頃から映画に親しみ、女優という仕事に憧れを持っていたようで、1月の完成披露試写会では、難しい役にもかかわらずこう語っていました。『演じることがこんなにも楽しくて、夢中になれるものだなって気づかせていただきました』と」(大手映画会社社員)

台本をローマ字で書き起こし

後藤久美子(左)と娘のエレナ。18年6月、イタリアの首都ローマで撮影(画像:共同通信社)

一方のエレナが女優デビューをはたしたのは、1月にスタートしたドラマ『DCU』(TBS系)だ。日本語学校に通う謎の外国人という、物語のカギを握るキーパーソンを演じる。

「エレナは、4歳からスイスの学校に通学。ロンドンの大学を卒業し、フランスを中心にモデルとして活躍していました。フランス語や英語、日本語など6ヵ国語を流ちょうに話し、母親のゴクミとファッションイベントに登場したこともあります」(ファッション誌編集者)

日本で活動し始めたのは、17年ごろだ。

「モデルとしてだけでなく、週に2~3回演技のレッスンも受けていたそうです。しかし彼女は日本語をキレイに話せても、漢字が理解できない。デビュー作『DCU』の台本もスタッフに読んでもらい、すべてローマ字に書き起こしたとか。相当の頑張り屋さんですよ。

ヨーロッパに拠点を置くゴクミとは、毎日のように連絡を取り合っています。ゴクミは『普通に話すように演技すれば大丈夫』と、エレナを励ましているそうです。母親として心配なのでしょう」(同前)

女優として、大きく羽ばたこうとするKokiとエレナ。世界を舞台に、母親と共演できる日も近いかもしれない。

エレナ。今年12月の「ブルガリ アワード」で
相好を崩して楽しそうに笑い合う二人。どこにでもいる普通の親子と同じように仲の良さそうな雰囲気だった
エレナ。今年12月の「ブルガリ アワード」で
今年1月に行われた主演映画の完成披露試写会で
エレナ。今年12月の「ブルガリ アワード」で
工藤静香&Koki, 渋谷で高級ブランドの撮影にクールな表情を崩して笑い合う二人を発見
工藤静香&Koki, 渋谷で高級ブランドの撮影にクールな表情を崩して笑い合う二人を発見
  • 撮影近藤裕介

Photo Gallery9

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事