W杯直前 ラグビー日本代表が再び世界を驚かせる方法とは?

エディ・ジョーンズ(前日本代表HC)が語る戦術変更

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
スタンドオフの田村優(左から2人目)、ウイングの福岡堅樹らがキック攻撃を仕掛けるも得点には繋がらず

「’12年、私がジャパンを率いて最初に欧州遠征に来たときの対戦相手はジョージアやルーマニアだった。それが、いまは世界最強のニュージーランド(11月3日に対戦。31―69で敗戦)や”ラグビーの聖地”トゥイッケナムの8万を超える大観衆の前でイングランドと戦う、真のラグビー国となった。今日の試合内容もその事実を証明していた」

英国遠征中のラグビー日本代表は11月17日、世界ランキング4位の強豪イングランド代表とのテストマッチに臨み、15―35と善戦した。とくに前半はセンターの中村亮土(りょうと)(27)とフランカーのリーチマイケル(30)のトライなどで15―10と日本が5点リードする展開。

格下の日本にヒヤリとさせられる展開だったが、イングランド代表HCのエディ・ジョーンズ氏(58)は満足げだった。

というのも、前回のW杯イングランド大会(’15年)でエディ氏はジャパンのHCを務めており、日本代表はいわば古巣。件(くだん)のリーチマイケル、スクラムハーフの田中史朗(ふみあき)(33)、ウイングの山田章仁(33)といった愛弟子や、ナンバーエイトの姫野和樹(24)ら目をかけている選手の躍動が嬉しかったのだ。

「素早くラッシュをかけて敵の攻撃時間とスペースを奪うディフェンスを徹底すべき。体格こそ劣りますが、その分、日本人には機敏さがある。団結力も強い。日本は”日本人の強み”を活(い)かした戦いをすれば勝てるのです」

エディ氏が常々口にしていた通り、この日のジャパンはボールを持ったイングランドの選手に次々と襲いかかり、何度も攻撃の流れを断った。モールで押し込まれても、ムキになって力勝負はせず、ボールをつないでトライを奪った。英メディアの記者も善戦をこう分析している。

「日本のバックス陣のスピーディーな動きが効果的で、イングランドの選手は驚いていた。スクラムやモールなどパワーに頼った戦いになると苦しいが、日本はそういう展開に持ち込ませない賢さがある。鮮やかな4人抜きのトライを決めたリーチマイケルも素晴らしかった。イングランドは彼に相当手を焼いていた。課題は(’15年W杯で「史上最大の番狂わせ」と賞賛された)南アフリカ戦のように、最後まで続けられるかどうか。来年のW杯で今日の前半のような戦いができれば、期待は膨らむだろう」(英『タイムズ』紙のラグビー担当記者、アレックス・ローヴ氏)

英メディアが称賛したリーチマイケル自身も「後半の立ち上がり10分間がうまくいかず、流れを逃した」と反省。「維持」こそ、日本代表の課題だと述べた。

「エディ・ジャパンの最大の特徴が早朝5時から始まる世界屈指の猛練習でした。選手はもとより、バックアップするラグビー協会の人間までもが『もう1回、エディの下でやれと言われたら辞める』と悲鳴を上げていました。”努力する才能”も日本人の強みだという指揮官の見立てどおり、エディ・ジャパンのメンバーはハードワークを乗り越え、強靭なハートとスタミナを手に入れた。だからこそ、ノーサイドの瞬間までスピーディーに戦い抜くことができたのです」(スポーツライター・藤本大和氏)

エディ氏は日本のスピードとチームワークを活かしたパス&ラン攻撃を得意としたが、現ジャパンを率いるジェイミー・ジョセフHC(49)はキックに重点を置く戦法を採用。この日もハイパントや、敵陣深く蹴り込む攻撃が見られたが、カウンターを喰らって失点するなど、機能していなかった。

「キックより、ボールを素早くつなぐスタイルのほうが日本に合っている」

戦前、こう分析していたエディ氏は試合後にあらためて「議論の余地があるだろうね」とコメント。やんわりと戦術変更を促した。この日、煌(きら)めきを見せたスピードラグビーへの回帰とそれを維持するためのメンタルと体力の獲得――。それが日本代表がやるべきことなのだ。

しかし、24日に行われた、ワールドカップの初戦で戦うロシア代表(世界ランキング19位)とのテストマッチでは、ロシアのハイパント攻撃による自陣から仕掛ける展開に、ぬかるむ芝もあいまって日本代表は速いテンポでの攻撃ができず、前半を10-22とリードを許す。後半は日本もキック戦法に切り替え、途中交代した経験豊富な選手の活躍によって、最後は32-27と逆転勝ちをしたのだが、ロシア戦で先発した日本代表の若手選手にはエディ氏の戦術がまだ浸透していなかったようだ。

W杯に日本代表が勝ち残るためには、エディHCの復活が必須なのだろうか。

エディ氏はW杯通算1勝の日本代表を世界ランク9位まで引き上げ、前回大会(’15年)では3勝をマーク
前半31分、「エディさんにたくさんしごかれたので、お返ししたい」と語っていたリーチマイケルがトライ
  • 写真Getty Images

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事