ゆたぼん「不登校全国行脚」クラファン成立までの“ドタバタ劇” | FRIDAYデジタル

ゆたぼん「不登校全国行脚」クラファン成立までの“ドタバタ劇”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
30日には謝罪動画を公開した少年革命家のゆたぼん(YouTubeチャンネルより)

《目標金額達成しました!イェイ!支援して下さった方、俺のことを応援してくれてた方、ホンマにホンマにありがとうございます!やった!むっちゃうれしい!」》

ユーチューバーの“少年革命家”ゆたぼんが1月29日、自身のYouTubeチャンネルで日本一周企画のクラウドファンディングが目標額の380万円に到達したこと報告した。

ゆたぼんといえば、小学生のときに宿題をしなかったことを教師に咎められ、それ以来不登校に。それからYouTubeで義務教育でも“学校に行かなくてもいい”という信念を元に、自宅などで学習している。

そんなゆたぼんが同じ不登校の生徒を応援するために、このクラウドファンディングは企画された。概要はこうだ。

《ゆたぼん専用車『スタディ号』を作って47都道府県をまわり、不登校の子やその親御さんたちと直接会ったり、いろんな人たちと会って学びながら、多くの人たちに元気と勇気を与えたいです》

しかし、締め切り数日前には目標金額の62%しか達成しておらず、YouTubeで支援を呼びかけた。さらに個人的にも支援のお願いをしていたようで、知人にラインを既読スルーされていることも明かした。

「自分の都合のいい時だけLINEしてきて、ホンマに困っている時は無視してくるなんて…」

と恨み節だったが、そんな逆風を乗り越え見事に目標金額を達成したようだ。

そんな中、ゆたぼんは30日にはYouTubeを更新。そこでは「LINEを無視するのは友達じゃない」と発言したことについて、

「その考えは間違っていました」

と素直に謝罪している。

クラウドファンディングのページを見てみると、最高金額の100万円が2人。これは全国を回るスタディ号にロゴや企業名を掲載できる広告のようなものだ。しかし80万円、50万円、30万円は0人。あとは少額がパラパラだ。

「結果的に100万円の大口2人で目標額の半分以上を占めています。支援者の絶対数は少なかった印象ですね。2ちゃんねるの元管理人ひろゆきさんは“子供の夢なら父親がお金を出してあげればいいと思います”とチクリと言っていましたが、最終的には一般の支援者が現れたようですね」(ワイドショー関係者)

ゆたぼんといえば、昨年12月の誕生日では100人以上が集まるパーティを開催。だが、実際に“支援者を募る”ということには、苦労させられたようだ。

何はともあれ、全国の不登校の仲間たちと交流ができることになったゆたぼん。今後もYouTubeチャンネルから、目が離せない人が増えそうだ…。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事