沖縄警察署襲撃事件 17歳少年の同級生が「事件の深層」を告白 | FRIDAYデジタル

沖縄警察署襲撃事件 17歳少年の同級生が「事件の深層」を告白

右目眼球破裂の大ケガ SNSでの呼びかけに応じた400人の若者が 石、ロケット花火、生卵で沖縄警察署を襲撃し、パトカーも破壊

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
暴動が起きた翌日の沖縄警察署。正面玄関は投石で割れ、正門の塀には「死ね」とスプレーで落書きされていた

「最初は20人くらいの若者が警察署の前で『おい! 署長出せ! 隠しきれると思うなよ』と叫んでいただけでした。ところが、バイクに乗った若者たちがどんどん集まってきて、日付が変わるころには400人以上が署を包囲していた。そのうちの一人が石を投げたのをキッカケに、皆一斉に生卵やゴミなどを投げたり、ロケット花火を打ち込んだりし始めた。鉄の棒でパトカーをボッコボコにした者もいました」(目撃者)

1月27日深夜、沖縄県警・沖縄署を400人もの若者が取り囲み、暴徒化する事件が起きた。発端は同日未明に起きた17歳の少年Aと沖縄署の警察官のトラブルだった。この日、Aと行動を共にしていた同級生が語る。

「沖縄市内のコンビニ前で4~5人でたむろしていたら、目の前の大通りで暴走族風の人たちが警察に追いかけられているのが目に入った。深夜だったから『警察に見つかったら補導される』と思って、解散したんですよ。バラバラにわかれて逃げている途中、友人の一人から『Aが事故った』という連絡が入りました。

Aのもとに駆け付けると、すでに救急車が来ていて彼は右目から血を流していた。救急搬送された後、Aが『警察に警棒で殴られた』と話していることを知りました。ところが翌日、沖縄県警は『接触事故で右目眼球破裂と眼底骨折の重傷を負った』と発表。警察が暴行を隠蔽(いんぺい)したことに腹が立ち、地元の友人や先輩にSNSで拡散してもらいました」

Aは自ら119番通報し、救急車を呼んだという。地元新聞記者が言う。

「Aは『事故った』と119番通報しています。少しでも早く救急車に来てほしかったからです。警察官に警棒で叩かれたと言ったら、事情を聴かれて面倒になると思い、救急搬送中に『実は警棒で叩かれた』と打ち明けたようです。沖縄県警は当初、事故として処理しようとしていましたが、SNSでの拡散や暴動が起きたことによって、風向きが変わった。現在、当該の警察官が警棒を所持していたことと、Aと接触があったことは認めていますが、内部調査中で真相は明らかになっていません」

前出の同級生によれば、「Aは誰からも好かれるバイク好きの少年だ」という。

「Aはあの日はスクーターに乗っていました。誰よりも運転が上手かったし、暴行を受けた道路も何度も通っている道でした。補導が怖かったとはいえ、猛スピードを出していたわけではありません。事故を起こすなんてあり得ない。出会いがしらに警察官に警棒で殴られたという説明のほうが腑(ふ)に落ちます」

本誌は暴行の有無について沖縄警察署に確認したが、「内部調査中につき取材は受けておりません」とにべもなかった。

Aの母親に取材した元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が話す。

「Aは怪我の影響で口がちゃんと開かず、食事をするのも大変な状況だそうです。母親は警察に本当のことを話してもらいたいと思っている。当該の警察官はAに停止を求めた際に接触したと説明しているようですが、警棒ではなく明かりの点いた停止棒を使用するべきでした。Aの前に飛び出して停止を求めたと報道されていますが、それでは減速ができない。警棒で負傷させたのであれば、警棒から血液反応が出ます。沖縄県警は調査状況を公表すべきです」

若者たちの暴動行為や器物損壊は決して許されるものではない。だが、その原因となったのは事実の隠蔽ではないか? 沖縄県警はAとの間に何があったか事実を明らかにする責任がある。

SNSの呼びかけで、隣町などからも400~500人が警察署に押し寄せた。なかには面白半分で爆竹を鳴らす者もいた
救急隊員の応急処置を受けるA。右目は大きく腫れあがり、激しい出血が見られた

『FRIDAY』2022年2月18日号より

  • PHOTO共同通信社(沖縄警察署)

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事